月2億円稼いだ物販ノウハウを無料公開!

【中国輸入】アイデア1つで起業した主婦を参考にする

こんにちは!吉岡です。

今日のテーマは

「アイデア1つで起業した主婦を参考にする」

という内容をシェアしたいと思います!

みなさんも一度はお聞きした事があるかもしれませんが

世の中には、「アイデア」1つで商品開発を行い

お金持ちになったという主婦がいたりします。


テレビ番組でたまにやってたりしますよね!

見た事のない方はYouTubeに

「おカネさま!」

と入力したら何個か出てくきたりしますので

お時間がある時など見てみてください。笑


で、まぁ番組自体はどうでも良いのですが

その中で「主婦がアイデア1つで○○円稼いだ」

という特集があったりするんですね。


また、日本に限らず海外でも

同じような事例があったりします。

結構、僕はこういった所から

自分が実践している輸入ビジネスに

落とし込めないのか?というのを探してたりするんですね。


もちろん、自分も真似をして

何かアイデアを考えて商品開発を

している訳ではありませんよ。笑


つまり新規商品登録のネタにならないのか?

という部分にフォーカスして見ているのです。


例えば、僕自身は全くと言って良いほど

料理をしない為、

主婦ならではの主婦目線のアイデアは

到底思いつかないです。


でも、こういった商品を開発した背景には

必ず、何かの「不満」であったり「要望」が

隠れており、そこを改善した商品がヒットしている訳なんですよね。


つまりは、こういった商品を見る事で

アイデアに繋がる「ニーズ」というのは

思いつかなくても、こういった所から

発見することができます。


そもそも世の中にある「モノ」の多くは

何かの「ニーズ」に応えています。


 例えば、

「ほうき」ならゴミを

一カ所にまとめたいニーズを叶えてますし

「ちりとり」は、そのまとめたゴミを

拾いたいニーズを叶えてますし

「ゴミ箱」は、ゴミを一カ所に

集めて保管したいニーズを叶えています。


ただし、今僕がこのような

ほうき、ちりとり、ゴミ箱を扱うとして

どこでも売っているような物を仕入れてしまったなら

おそらく、価格で勝負するしか無いと思うんですね。


価格で勝負するというのは

本当に資本力のある会社がやる戦略で

僕らのような個人、マイクロ法人がやるべき戦略では

ないと思っております。


だとしたら、後はデザインか機能面で

勝負をしていくしかありませんよね!


転売などを実践している方などは、

ここまで意識している人は少ないと思うのですが

「お客さんが購入するのには何か理由があります」

Amazonに「ほうき」が自分しか売ってなければ

それは、大した理由もなく売れるんだと思います。


でも、世の中にこれほどまでの商品が

溢れ帰っている中で、またもっと言うと

Amazonの中だけでも「ほうき」が無数にある中で

その、ほうきを選んだという事は何か理由があったから

なんですね。


 価格面が購入につながったのか?

デザイン面が購入につながったのか?

機能面が購入につながったのか?


購入理由は色々とあると思うのですが

そこに強みを把握できれば更にいろんな商品

を仕掛けていけますよね!


また、中国輸入の強みの1つに

自分で商品を開発できたりしますよね。

ですから、最初はニーズを捉えた商品を

転売からスタートし、いけるなと確信した時点で

自分自信で作ってしまえば良いのです。

 なんか、こういったのを仕掛けるのって

僕自身は「サプライズ」に感覚が似ているのかな

と思います。笑


人生の中で一度は「サプライズ」をした事が

ある人は多いのだと思います。

その時に家族、友人、恋人にどんな風に

喜んでもらおうか?

何を貰ったら嬉しいのか?と考えますよね。


ググって人気のプレゼントを調べたり、

SNSで口コミ見たり、近かしい第三者に

相談してみたり。笑

あるいは遠回しに本人が欲しがっているものを

聞き出したりしますよね。

物販はそれが、単純にお客さんになるだけなのですよね。

それで喜んでくれたら、結果としてお金もついてくる。

というような事が、僕達がやっている

ビジネスなんだろうなとOEMを始めて

凄い思うようになりました。


もちろん、お金という結果が出るのも当然嬉しいですが

「サプライズ」が成功した時のように

仕掛けたものが、思い通りにヒットしてくれると

それは凄く快感で、やみつきになります。笑


という事で、主婦の話から

最後は、全然違う方向にいってしまいましたが

今日も最後までお読み頂きまして

ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました