旧正月明けは仕入れ価格15%オフ!

こんにちは!吉岡です。

最近、大きなニュースが続きますね。

 

個人的には小学生時代に

ファンだった選手が逮捕されたのは

ショックでした。。。

 

まぁそれはそれとして

輸入ビジネス実践者として

気になったニュースが

ドル円が「円高」になってきたという

話がありました。

 

一時「110円」くらいまで

下がったというニュースでした。

 

「円高」というのは

輸入をしている方からすると追い風で

輸出をしている方からすると向かい風の

流れになってきます。

 

で、「ドル円」の為替が

大きく動いたところで中国はどうなのだろう?

と気になった方もいたのではないでしょうか。

 

結論から言えば、若干「元」が下がったので

中国輸入を実践者している方は

今、追い風になっていきます。

 

 

その関連した記事として、本日は

「旧正月明けは円安で15%オフ」

というテーマをシェアしていきますね。

 

今、現在で言えば

ちょうど旧正月のシーズンで

中国輸入を実践している方は

仕入れが止まっている時期ですよね。

 

まぁ、それは中国輸入ビジネスを

やっている人の宿命というか

副業としてやっている人も

商社といった大きな規模感の会社も

避けることのできない問題になってきます。

 

で、この旧正月というお休みに対して

中国輸入を実践している人が

対策をすべきこととして

 

在庫を切らさないような仕入れをする

———————————————

ことでしょう。

 

まともに動きだすのが

約1ヶ月間かかることを逆算すれば

旧正月前に1ヶ月間分ほど多く

在庫を仕入れておく必要があります。

 

そうしなければ、

1月に仕入れた分で

2月はまだ在庫があり良いと思うのですが

3月が寂しい結果になります。笑

「分かってても、できないですよ!」

 

と、旧正月に入る前に在庫に関して

アドバイスをしたコンサル生の

何人からか言われました。

 

 

その理由は2つなのですが

 

・FBAのストレージ

・資金

 

これらの問題があり

仕入れたくても仕入れができない。

という感じなのですね。

 

そんなこんなありながらですが

それぞれのコンサル生が

できる限りの対策をしながら

この旧正月を迎えていました。

 

それくらい毎年気を使う問題が

旧正月であったりするのです。

 

これからの注意とすれば

2月の中盤〜終わりにかけて

旧正月が明けますので

注文が殺到し物流フローが悪くなるでしょう。

 

また、中国のショップが再開する日も

バラバラなので中々商品が集まってこない

という問題も出てくるかと思います。

 

まともに、物流が動きだすのは

僕は3月の頭かなーと思っています。

 

ただ、それを理解した上でですが

この今の為替状況を考えれば

早めに注文をしておくのもありかなと

思います。

 

というのも、ここでやっと

テーマの本題になってくるのですが(笑)

今、元の為替が安くなっているんですね。

 

このブログを書いている

時点で為替を見ると

 

「1元=17.5円」

 

になっております。

 

ちょっと前まで20.5円くらいだったので

およそ1元当たり3円ほど安くなってるのですね。

 

元が3円下がった。ということに

対して、「たった?」と思うかもしれませんが

実はかなり大きな金額になります。

 

例えば、端数は計算が面倒なので

省略しますが

 

1元=20円 → 1元=17円

——————————————–

5元=100円 → 5元=85円

——————————————–

になりますね。

 

ということは、今まで

100円で買っていた商品が

85円になった。15%下がった!イェーイ。

という計算になるのです。笑

 

では利益率が15%伸びるかと言えば

そう単純な計算ではありませんが

ただ、利益率が伸びるのは間違いないでしょう。

 

為替の変動は割と激しく

1週間の中でも数円の変動は

充分ありえます。

 

ですから、

まだ物流が充分動いてなくても

注文するのはありかなというのは

こういった理由なのです。

 

ぜひ、旧正月で仕入れが

いろんな理由で上手くいかず

現在、売上が落ち込んでいる方は

旧正月明けに

スタートダッシュできるように

今の段階から準備しておくと良いですね!

 

それでは本日は以上になります。

最後までお読み頂きありがとうございました!




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ