転売ビジネスで逮捕された企業のモデル解剖

こんにちは!吉岡です。

 

今年に入ってから話題性の大きい

ニュースが多いなと感じているのですが

その中に僕らとも、ちょっとだけ関連する

「転売」というキーワードが出る

ニュースがありました。

 

ご存知の方も多いと思うのですが

廃棄物の処理会社が

「廃棄カツの横流しで摘発」されましたね。

 

知らない方は下記からご覧ください!

→ http://news.yahoo.co.jp/pickup/6188663

 

 

で、本日はこのビジネスモデルについて

やってる内容は絶対ダメなんですけど

でも勉強になる部分もありますよ。

というテーマで話していこうと思います!

 

 

で、本題に入る前に

すごーくメディアに対して言いたい事が

ありまして・・・。

 

毎日のように報道されるニュースを見てて

絶対に悪いのはこの企業のはずなのに

「転売」自体のイメージが悪くなるような

言い方をされるんですよね。

 

そういうイメージを植えつけたいのかな

と思うほどに。。

 

だから、世間一般的に見て

「転売」という言葉のイメージって

悪くなるんだろうなと改めて今回思いました。

 

もっと、違う言い方とかあるんじゃないかな。

と、本当メディアに対しては疑問に

思う部分があります。

 

さて、少し個人的に

「もやもや」していた部分が言えた所で

本題に入っていきます。笑

 

 

正直、僕がこのニュースを

初めて見たときの感想として

 

「これ、食品じゃなければ

かなり優れたビジネスモデルだな」

 

と、1番に感じました。

 

 

なぜ、そう思ったのかと言いますと

この業者がやっていたのは

 

廃棄する食品を処理する為に

お金をもらい稼ぐ

 

 

それを別の業者に転売し

お金をもらい稼ぐ

 

というような、

ビジネスモデルだった訳なのですが

 

つまり普通の商売って

「仕入れ(支払い)→ 販売(貰う)」

という流れなのですが

 

今回のモデルは

「仕入れ(貰う) → 販売(貰う)」

という流れになってますよね。

 

 

まるで、夢のような

ビジネスモデルですよね。笑

 

僕らも仕入れにお金を貰えて

販売でお金が貰えるのであれば

どれだけ利益が出ることか・・・。

 

「そんな夢物語なんてあるはずがない」

 

確かに、輸入ビジネスで考えると

難しいかもしれませんが

少しだけ視点を変えて

 

「仕入れにお金がかからない」

 

と、考えてみれば案外

難しくもなかったりします。

 

 

どういうことかと言いますと

そもそもなぜ、この業者が

仕入れでお金を貰えるのか。

と言えば、それは

 

「ゴミを代理で処理をするから」

 

に、ならないですよね。

 

つまり、この視点で考えることができれば

個人レベルでもできると思うのです。

 

変な話、別にお金を貰わなくても

全然問題ありませんよね!

 

家族や友人・知人といった方から

「いらないものはない?」

と聞いて、無料で回収したあとに

ヤフオクやフリマアプリ等で販売という流れです。

 

まぁ、一般的には「不用品販売」と

呼ばれているモデルなのですが

本当にゴミがお金に変わる訳ですから

資金状況が少ない方に関しては

ぜひ、実践した方が良いと思います。

 

ということで、

最近の話題になっているニュースからも

ビジネスモデルのヒントは得られるという

お話でした!

 

 

本日は以上になります。

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

 

 

 




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ