2016年のライバルは中国人セラー

こんにちは!吉岡です。

 

先週末、僕のメルマガ読者限定で

忘年会を行ってきました。

 

主催者である僕がお店の

場所にたどり着くまでに

迷って遅れてしまうという

何とも段取りの悪い感じの開始だったのですが

無事開催できて良かったです。苦笑

 

お越し頂いた方には

1つ2つくらいは何かを得て

帰って頂けたのかなと勝手に思ってます。笑

 

唯一、心残りがあるとすれば

写真を撮ろうと思っていたのに

すっかり忘れていたことですね。

 

失敗しました。。。

 

まぁ、それでも色んな方とお話しができて

凄く楽しいひと時でした。

 

また、来年も開催しようかと思います!

 

お越し頂いた方に関しては、

改めましてありがとうございました!

 

 

 

さて、今年も残り10日になってきましたね。

 

2015年という年はいかがでしたでしょうか?

 

今年大きく飛躍できた方もそうでない方も

いらっしゃると思いますが、

個人的には中国輸入という業界が

落ち着いてきたかなと思います。

 

年初はすごい勢いで

中国輸入の塾が連発し

参入者もすごい増えたなと

思っていましたが、

今ではガラガラとは言いませんが

その頃に比べれば、やっぱり人は減ったかなと

実感しています。

 

で、ここからが

本日の本題になってくるのですが

「2016年のライバルは中国人セラー」

という内容をお伝えします。

 

以前も、記事の中で少しお伝えしたのですが

ここ最近、中国人セラーによる

日本Amazonへの参入が増えてきております。

 

これは、日本に住んでいる中国人ではなく

中国に住んでいる中国人セラーのことですね。

 

で、以前のその記事を書いた時には

無在庫販売での参入が増えていると

書かせて頂きました。

 

ただ早いもので

すでにFBAに在庫を持って販売してたり

もっと言えば新規出品も行っており

更には追い出しメールまで

送ってくるような状況になっております。

 

実際に、中国人から追い出しがあったと

いう方もこの記事をお読みの中にも

いらっしゃると思います。

 

噂では、日本人が日本Amazonでの

稼ぐ方法を伝えていると聞いたことがありますね。

 

まぁ、それはそれで一つのビジネスなので

批判する気はないのですが

ようは、来年以降は更にこの中国人セラーが

日本Amazonに参入してくると考えておいた方が

良いです。

 

また、見たことがあるかもしれませんが

Amazonジャパン自体がバナー広告等で

「中国輸入を始めませんか?」

というようなオファーを最近はしておりますよね!

 

 

正直、どういう意図があるのかは

僕にはわからないのですが

個人的には、中国人セラーが増えれば

品質的にAmazonの評判が落ちるのでは?

と思ったりもします。

 

 

 

また、少し話が逸れますが

この中国企業の進出というのは

Amazonだけに限らず

あらゆる業種で日本市場に

参入しているのですね。

 

有名どころで言えば

不動産業、旅行業などの

中国企業による企業買収は

本当によく耳にします。

 

こういったことに

多くの日本人って気づいてないよなー。

と感じます。

 

で、話をAmazonに戻しますが

この中国人セラーの参入に対して

何をどう感じても正直防ぐことはできないです。

 

 

では、僕ら現役の中国輸入プレイヤーは

どう、このことに向き合ってビジネスを

進めていくかを考えなければならないんですね。

 

正直、前回と同じことを言いますが

「価格競争では不利な戦いになる」

ということは理解しておいた方が良いでしょう。

 

仕入れの強みという点において

やはり現地の人間に勝つのは困難です。

 

 

では、どこで中国人セラーに勝つのかと言えば

それは、「マーケティング」だと思います。

 

やはり、日本人に売るのは日本人である

僕らの方がニーズを掴むにしても

訴求をするにしても強いと思います。

 

ただ、ここを言い換えるのであれば

これまでは価格だけを追っていても

ある程度の利益は出ていたと思うのですが

2016年以降、大きく利益を出す為には

価格を追っているだけでは

生き残れないということですよね。

 

僕は凄く思うのですが、

僕ら日本人はもっともっと

力をつけなければ本当にAmazonという市場を

中国人にある程度のパイを奪われてしまいます。

 

本当に、中国の方は

バリタリティーが凄いんですよね。

 

心底、尊敬します。笑

 

誰しもが現状で満足はしてないと思うのですが

来年の2016年は

今以上に能力をつけていかないと

厳しい結果が待っていると思いますので

更に成長できるような年にしていきたいですね!

 

それでは本日は以上になります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

PS

年末に向けてラジオ的な感覚で

読者様の質問に対して音声を撮って

お届けしようかなと考えています。

 

というのも今回、忘年会を開催したのですが

遠方に住んでいる方から

 

「行きたかったのに残念です。」

「吉岡さんとお話してみたかったです。」

 

と、嬉しいことに何人の方から

メールを頂きました。

 

ですので、最近はあまりやっていなかった

音声動画にて年内最後に

プレゼントではないんですが

何か、お役に立てればなと思ってます。

 

そこで一つ、お願いがあるのですが

吉岡に話して欲しいテーマを

募集させてください。

 

内容は初心者〜上級者レベルまで

僕が分かる範囲であれば何でもお答えします!

 

→ yoshioka@onekichiyunyu.com

 

上記アドレスにご質問を送って頂ければと思います。

 

来週にはお届けしたいと思いますので

あまり期間はないのですが、お待ちしておりますね!

 




“2016年のライバルは中国人セラー” への2件のフィードバック

  1. キユロ より:

    真っ向勝負してきている中国セラーならこちらも本気で商売の土俵で戦う気になりますが、
    最近は、ずるがしこさが目立ちますね。
    http://www.amazon.co.jp/gp/product/B006HXNME0/
    本物のカートに偽物を安売りしてみたり、(レビューが大荒れです。)

    売れている商品に似た中国アイテムをバリエーション着けてみたりetc・・・

    Amazonはこれら基本的に野放しなので厄介です。

    • 吉岡 より:

      Be:キユロさん

      コメントありがとうございます。
      確かに、偽ものの乱立は目立ちますよね。

      確かにAmazonは基本的にセラー間の問題には
      立会いしないので、厄介ですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ