戦いを略すと書いて戦略と呼ぶ

こんにちは!吉岡です。

 

先週末、違う畑の情報発信者と交流する機会があり

原宿で焼肉を食べておりました。

 

失礼ながら、僕は全く知らなかったのですが

その業界では有名な方だったみたいなので

名前は伏せさせて下さい。

 

で、その方とお話していると

過去に副業がバレてサラリーマンをクビになったと

笑いながら言われておりました。笑

 

ただ、その当時は結構

クビに対して落ち込んだらしいです。

 

でも、そのおかけで本当の意味で

自分の中の覚悟が決まり大きく収入が伸びたらしいです。

 

僕には経験したことない過去でしたが

それでも「覚悟が決まったことで・・・」

というものには凄く共感しました。

 

僕自身、そうでしたし

過去のコンサル生であったり

相談会に来た方であったり

このビジネスで絶対に稼ぐんだ!という

「覚悟」が決まっている人ほど

ちゃんと結果が出ている傾向があります。

 

 

なので、覚悟を決めましょう!

と、そんな安い言葉は使いません。

 

こればかりは口だけではなく

自分が本心で思わないと意味がないですよね!

 

ただ、僕が思うにその覚悟が決まる

「きっかけ」は自分以外の何かが

与えてくれることの方が多いと思っています。

 

人によって、どんなことが覚悟の決まる

「きっかけ」になるかは

様々と思うのですが、そのきっかけ探しは

自分から行動して出会うことができると思うので

ぜひ、自ら動いてみてください!

 

さて、少し前置きが長くなってしまったのですが

本題に入っていきたいと思います!

 

本日のテーマは

「戦いを略すと書いて戦略と呼ぶ」

という内容をお伝えします。

 

これは相乗りでも新規出品でも同じなのですが

僕が昔から変わらずに実践している方法に

「ニッチ戦略」というものがあります。

 

これは、ライバルが多い

市場や商品ではなくライバルが少ない需要がある

所を攻めていきましょう。というような内容です。

 

 

 

で、この考え方とは反対に

ライバルが多いけど市場が大きい所で

ライバルに勝っていくことも考えるべきだ。

と促す人もいたりします。

 

どちらも間違っているとは全く思わなく

人それぞれの考え方で

ビジネスが成り立っているのは

ごく自然だと思ってます。

 

ただ、あくまで僕の考え方として

「ニッチ戦略」に取り組んでいるという

話なのですね。

 

で、実は僕の中でこの戦略を取る理由として

ある方の教えを忠実に守っているからなのですね。

 

 

その、ある方というのは

「孫氏の兵法」で有名な孫氏です。

 

有名な本なので、ご存知の方も多いと思います。

 

 

この本自体は、戦でどう勝つか。

というような「兵法本」なのですが

それを、現代のビジネスに置き換えて

解釈している本がたくさん出ております。

 

 

で、その本の中で

この孫氏の言葉を解釈すれば

 

「戦わずして勝つ」

「勝てる相手や勝てる部分で戦うから勝つ」

 

というようなことを言っております。

 

これが、バトル漫画の主人公であれば

「強い敵と戦ってこそ成長がある」

みたいな考え方なのでしょうけどね。笑

 

でも、ビジネスの場合はライバルと戦って

勝ったとしても、自分に残るのは優越感と疲弊だけ

だと僕は思っています。

 

それならば、

最初から戦わずに勝つ道であったり

勝てるようなライバルと戦った方が

自社が得られるメリット(利益)が大きいと

思うのですね。

 

その為の方法が僕の中では

「ニッチ戦略」なのです。

 

戦いを避けて略すと書いて「戦略」

 

もちろん、

僕らが実践しているビジネスで

100%戦わないことは不可能ですし

100%勝てる相手がいる所しか参入しない

という訳にもいかないと思います。

 

ですが、なるべくライバルが少ないとか

ライバルを考えて勝ちやすい所で戦うとか

そういった方向性で戦っていくというのが

良いと思います。

 

 

そう考えると、それ以外のものは

戦術という定義になってしまうのかも

しれませんね!

 

 

ということで、本日は物販というより

ビジネス自体の考え方をお伝えしました。

 

 

こういった何千年も前に作られたものが

現代でも役に立つというのは

どれだけ時代が変わっても

本質は変わらないんだなと凄く感じますね。

 

 

では、本日は以上になります。

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

 




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ