Amazon在庫ストレージの減少の影響と対策

こんにちは!吉岡です。

 

本日は、今年の年末商戦にも

関わってくる重要なテーマなのですが

「Amazon在庫ストレージの減少の影響と対策」

という内容をシェアしたいと思います。

 

10日前くらいから予告はあったのですが

先週Amazonで販売している全てのセラーを対象に

「在庫ストレージの見直し」が実行されました。

 

多分、すでに実践されている方は

お気づきになった方も多くいると思います。

 

 

「在庫ストレージって何だ?」

という方の為に解説すると

 

AmazonのFBAで販売する上において

無制限に在庫を納品できる訳ではなく

販売者それぞれに「納品数の上限」

というものが決まっております。

 

この上限枠のことをAmazonでは

「在庫ストレージ」と呼んでいるのですね!

 

つまり、在庫ストレージが2000であれば

最大で2000個までしか納品はできませんよー。

ということです。

 

 

で、先週この在庫ストレージの数が

大幅に減少される出来事があったのですね。

 

 

この在庫ストレージの減少というものは

中国輸入のような多売で利益を上げていく

ビジネスモデルで実践している人で

配送方法にFBAを利用して販売している人には

かなりの死活問題であります。

 

 

この2000個の数に対して

「それだけ在庫が納品できれば問題ない」

という、まだ規模感が小さい方であれば

問題ないのですが、

 

中・上級者で恐らく現段階で60〜80万くらい

利益が出ていて、この年末商戦に向けて

利益100万円の突破を狙っている人くらいが

一番の大打撃を受けているのかなーと感じます。

 

おそらく、リアルな数字だと思います。笑

 

 

売上を伸ばす為に仕入れの数を増やしたいのに

納品ができず、伸ばしきれない。

 

おそらくこういった問題に直面しているでしょう。

 

 

また、実際に僕自身も減少して頭を抱えましたし

コンサル生からも相談を多く頂いています。

 

ちなみに、Amazonのテクサポに電話をし

在庫ストレージの復活要望の問い合わせは

コンサル生の何人かが試しましたが

全てNGという回答だったのでシェアしておきますね!

 

では、実際にこの問題に対して

どのような対策・対応を

していくべきなのかと言えば

 

・1商品辺りの納品数の減少

・販売個数を伸ばす

 

この2点になってくるかと思います。

 

それぞれについて深堀していきますね!

 

 

 

・1商品辺りの納品数の減少

 

一般的には在庫を抱える数というのは

納品から1〜1ヶ月半くらいを目安に仕入れましょう。

というのがキャッシュフローを考えた

適正在庫だと言われております。

 

ただ、今後は在庫ストレージの数の問題があるので

できれば在庫がギリギリ切れないくらいの

およそ3週間で捌ける数を仕入れていくなどの

対策が必要になってくると思います。

 

ですので、これまで以上に発注数をこまめに

していくようなイメージになると思います。

 

こうすることで、なるべく多くの

商品数が入るような形で

在庫ストレージが圧迫しないように実践していく

必要があるかなと思います。

 

 

 

 

 

・販売個数を伸ばす

 

実は、在庫ストレージの数を伸ばす方法があり

それがこの「販売個数を伸ばす」ということになります。

 

これは、今回に限った話ではなく

前々からそうですし、今後もそうなのですが

在庫ストレージというのは

過去一ヶ月の販売個数が増えれば伸びるのですね。

 

この在庫ストレージを伸ばす為の

計算式はAmazonが公式で出しており以下になります!

 

【過去1ヶ月の売実績数 × 12 ÷ 6.0

= 在庫保管制限の上限数】

 

この「12」というのは12ヶ月間というのは

何となく分かりますよね!

 

「6」というのは在庫回転率で

Amazonのテクサポの方が言うには

もう固定で「6」のようです。

 

 

つまり、変動するのは「過去1ヶ月の売実績数」

だけということになりますね!

 

また、ここが非常にやっかいな問題なのですが

「過去1ヶ月」と「直近1ヶ月」は

別物だということです。

 

昨日から直近1ヶ月と考えることができれば

非常に計算も楽になるのですが

この過去1ヶ月というのは直近ではなく

タイムタグがあるということなのですね!

 

ただ、どちらにせよ

販売数自体を伸ばしていくこと自体に

方向性は変わらないと思いますので

ガンガン在庫ストレージを伸ばす為に

売っていきましょう!!

 

 

また、細かいところで言えば

販売不可の商品も在庫ストレージを

圧迫する要素になりますので

返送または破棄など対応していくようにしましょう!

 

 

そのような感じで、この年末商戦に向けて

イケイケどんどんでは無く

きちんと在庫も考慮しながら進めて参りましょう!

 

 

それでは本日は以上になります!

最後までお読み頂きありがとうござました!




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ