外注化 リサーチは誰にでもできる

こんばんわ。吉岡です。

 

最近はコンサル生の方たちも段々と

外注化を意識しているみたいで

成長が早くて良い感じだなと感じています。

 

外注化というと、どうしても人件費のかかる

内容になってきますので、どうしても踏み出しにくい

方がいるイメージがあるのですが

僕は中国輸入ビジネスを実践している方ほど

早い段階で外注は雇うべきだと推奨しています。

 

 

どうして中国輸入実践者ほど使うべきなのか?

というと、やはりノーブランドの商品を対象に

リサーチを行っていきますので

国内商品や欧米商品と違って

型番と言われるものだったり

製造ナンバーと言われるものが無い商品が

ほとんどの為、同一商品を見つけるスピード

というのは、どうしても遅くなる傾向があります。

 

 

なのでリサーチでも、儲かる商品どころか

同一商品自体が見つからないということで悩む方

もしくは同一商品を見つけるまでに時間が割と

掛かってしまうという方が多いですし

実際に、そのような相談はコンサル生の方からも

非常に多く頂きます。

 

もちろん、同一商品を見つけやすくする

ツールだったりキーワード検索の際の

コツだったりはお伝えするのですが

どうしても、早く見つけれるようになるまでには

「慣れ・経験」の部分はどうしても必要です。

 

いくら、高額塾やコンサルに入ったからと言って

実際に稼いでいる中・上級者レベルで

リサーチができるかと言うと、そんなことは絶対に

ありません。

 

もし、セールスレターなどで、そんな事が書いてあれば

それは僕も知りたいレベルです!

 

普通にその内容を僕のリサーチしている
外注に教えたいですし・・笑。

 

そんな甘い考えで輸入ビジネスをしようと思っている

のであれば、オススメはできませんね。

 

じゃあ、経験が必要で個人差が出るような

リサーチ業務というのは自分だけにしかできないのか?

 

もっと、言うと自分は今まで凄い時間をかけて

リサーチしてきたのだから他の誰かよりも

凄い売れてて利益もガンガン取れる商品が

ザクザク見つかるのか?

 

多分、そんな事はないと思います。

例えば、ヤフオクのアンティーク商品だったり

国内の○○せどりみたいな商品知識が必要な

ビジネスであれば、確かにリサーチ部分で

他者との差別化を行うとこはできると思います。

 

 

前の会社の同僚が

「ビックリマンシールの価値が分かるだけで

飯が食えるようになる」と言っていたような・・・・笑。

 

でも、中国輸入というのは商品知識というのは

単純転売だけの時点では、あまり必要ないのでは

ないかと思います。

 

ようは、ノーブランドの商品を単純にタオバオ・アリババで

見つけて、価格差があれば仕入れれば良いのですから。

 

しかも、主に扱うような値段というのは5000円までが

一般的です。

 

高い金額で販売しても1万円はいかないと思います。

これからの実践する方にヒントを出すのであれば

中国商品で主に仕入れているものって日常で使うもの

もしくは、雑貨などの商品が大半をしめるということを

頭に入れてリサーチして頂ければと思います。

 

間違っても、メディア関係を中国で仕入れてはダメですよ!

偽物ばかりですからね!!

 

で、そんな商品知識があまり必要のない

リサーチにおいて、それは他人でもできるのでは

ないか?という部分に目を向けて下さい。

 

リサーチって思いの他、時間が取られます。

この時間という部分をお金で買うのがいわゆる

外注化をするメリットになるんですね。

 

また、報酬制度を成果報酬制にしてしまえば

無駄なお金を払うことなく商品データが

手に入るのです。

 

あとは、自分でその商品を仕入れるのか

仕入れないのかを判断すれば良いですね。

 

ちなみにですが、外注化はリサーチだけでは

当たり前ですがありません。

 

他の輸入ビジネスの業務にしても

自分でやっていて「誰でもできるなー」と思う事は

外注にどんどん任せていけば

空いた時間にもっと利益を上げる行動ができるように

なります。

 

これが輸入ビジネスでいう所の「レバレッジ」に

繋がってくるのだろうと思います。

 

 

ぜひ、参考にしてみてください!




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ