【リサーチ】中国での商品選定でのポイント

こんばんわ。吉岡です。

 

中国の旧正月も終わり

また、Amazonの中国商品の

競争率が若干高くなってきましたね!笑

 

ですが、まだまだ単純転売でも

利益が取れる商品は多々ありますので

どんどんリサーチしてみてくださいね。

 

今日は、その中国輸入の商品選定の

ポイントについてを

お話していきたいと思います。

 

一般的に、中国輸入で利益を取るイメージと

いうのは、薄利多売というのが言われています。

 

一個当たりの利益額は低いですが

それをAmazonのFBAを利用して

量をさばこうよ!って事が本当に

 

王道中の王道の中国のノウハウですね。

なので、初心者の方ほど

毎日売れている商品ではないと

仕入れ対象にならないのではないか?

と疑問を持つ方が多いように思います。

 

実際にコンサル生の方でも

そのような悩みを抱える方は少なくありません。

 

じゃあ、実際にライバルも少なくて1日に

何十個も売れている商品があるのかどうか?

 

ということなんですけど・・・・あります。

あるにはあります・・。

 

でも、今は中国輸入のブームで参入者が

とても増えたように思います。

 

ですので、ちょっと前に比べてそういう商品が

簡単には見つからなくなってきたのが現状かな

と思います。

 

仮に見つかったとしても1ヶ月後には

他のセラーが参入して結果

販売量も多く利益も多く取れるような

美味しい商品という意味での

商品寿命の長い商品は

Amazonでは、かなり見つけるのはしんどくなって

きてますね。

 

では、中国輸入のメリットが無くなってきている

のではないか?

 

また、現在稼いでいるセラーはどうやって

稼いでいるのか?

 

そんな風に疑問が出ることもあると思います。

確かに、最初にも言いました通り

参入者が増えたといえ、まだまだ

タオバオやアリババからの

単純転売でも利益が取れる商品は

ゴロゴロ眠っています。

 

ただ、本当の意味で稼いでいこうと

したら、他のセラーとの差別化が

どうしても必要になってきます。

 

 

簡単な差別化でいえば

・セット販売

・日本語説明書・日本語パッケージ

・価格交渉や手数料・送料での経費削減により
価格で差別化

こんな所でしょうか。

 

も、正直一回も仕入れたことの無い方に

取ってはこのレベルは少しハードルの高い

なると思います。

 

これはある程度、商品を仕入れて販売して

経験が積んだ方が考える次のステップですね。

 

今であれば、まだ単純転売で利益が取れるので

そこで早い段階で経験を積むことをオススメしますね。

 

で、話は戻りますが

1日に何十個も売れている商品ではないと

仕入れ対象にならないのでは?

 

という内容ですが

これは、全然そんなことはありません。

例えば月に4個しか売れてない商品でも

中国にしては利益が取れるのであれば

扱っても良いと思います。

 

具体的に言えば、販売価格が4000円以上とかで

利益が2000円取れるような商品だったりとか。

 

これも月に計算すれば8000円の利益になります。

こんな商品を10個扱っていれば、それだけで8万の利益は取れます。

 

もちろん、1日に何十個売れている商品ばかりを

たくさん扱うのも1つの戦略ですね。

 

ただ、その場合はライバルが多い商品に

多い傾向があるので少しキャッシュフローが

遅いかもしれませんね。

 

でも、それも資金力のある方は

それはそれで1つの戦略だとは思います。

 

もし、どのような商品を仕入れて良いのかを

悩んでいる方は一回、自分の環境を考えて

どんな戦略でやったら、うまくビジネスが

回りそうなのかを考えてみる時間を作ってみても

良いかもですね。

 

そうすると、リサーチする際にある程度は商品を

絞り込み、仕入れ対象になる商品を多く見つけれる

ようになると思います。

 

 

参考にして頂ければと思います。




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ