中国輸入:コンセプトが重要と証明される良い参考事例

こんにちは!吉岡です。

少し久しぶりの更新になってしまいましたね。

 

その間、何をしていたのかというと

2年ぶりに実家に帰っており

親族や旧友、そして会社員時代の元同僚などと

懐かしい方とお会いして有意義な時間を過ごしておりました。

 

また、お盆の帰省ラッシュのピークを考え

一週間早めにズラして帰省したのが大正解で

交通の面でもストレスが無く何事も自分で決める

生活を選んで良かったと改めて感じましたね!

 

で、お盆が始まった現在は、またいつも通り

事務所でのんびり仕事を行っております。笑

 

さて、前置きはこの辺にして本日は

「コンセプトが重要と証明される良い参考事例」

という内容をシェアしたいと思います。

 

コンセプトというのは

日本語でいうところの概念とか目的とか

テーマみたいなイメージです。

 

つまり、商品のコンセプトというのは

その商品を通して何を伝えていくのか?とか

どういう目的で使って、どんな価値があるのか。

ということになると思います。

 

 

このコンセプトの違いで

全く同じ商品でもお客さんの需要も変わってくる

こともあるのですね!

 

例えば「セーラー服」を販売するとして

学校で着る用で販売するのか。

コスプレ商品として販売するのか。

というところで

全く同じ商品だったとしても

お客さんも求めている需要の中身が

変わってきますよね!

 

学校で使う用で欲しいと思っている方と

コスプレとして欲しいと思っている方とで

説明するべき内容が変わってきますよね?

 

また、きちんと調べてないので

あくまで予想ですが

Amazonでガチの学校用で着る制服を

買うお客さんよりは

コスプレで着る制服を買うお客さんの方が

おそらく多いですよね!

 

だったら、どっちの目的で使う用として

販売したら良いのかというのが

見えてくると思います。

 

コンセプトを決めるとはそんなイメージです!

 

新規出品をする場合に

きちんと需要のある商品選定ができているとします。

 

それでも、売れ筋がイマイチ伸びない。

そういった時は、このコンセプトというものが

ズレている可能性があったりします。

 

ターゲット選定がきちんとでき

そのターゲットにあったコンセプトを

設定すれば、本来その商品が持っている

価値以上の力が発揮され、かなりの数が

売れるようになったりするのですね。

 

 

で、ですね?

今日は一つ、コンセプトだけで売っている

面白い商品を見つけたのでご紹介したいと

思います!

 

まずは、商品を見てください!

 

→ http://qq3q.biz/nciB

 

アメリカAmazonで販売している

こちらの商品は何だと思いますか?

 

正解は「無」です。笑

 

これは「Gift of Nothing」と言う商品で

直訳すると「無のギフト」です。

 

ようは、何も無いということです。笑

 

これは、ネットニュースでも話題なりました。

→ http://news.nicovideo.jp/watch/nw1736170

 

ジョークグッツなので当たり前ですが

完全にふざけていますよね。笑

 

ただ、驚くところはそこではなく

この商品のレビューが80個以上ついており

また、レビューの評価が平均4.5と

ものすごく高いところです。

 

 

Amazonの新規出品を実践している人は

分かると思うのですがレビューの数を

増やすのってすごく大変ですし

良い評価を維持するのも大変です。

 

つまり、この商品は

かなりの数が売れて満足度も

高いということが見てとれます。

 

ようは、これが先ほどお伝えしたことに

繋がってくるのですが、コンセプトによって

「本来その商品が持っている

価値以上の力が発揮される」

ということなのですね!

 

正直、ここまで極端な例って中々無いなと

思ったので、ご紹介させて頂きました!

 

パートナーとか船便とかOEMとか

仕入れのスキルよりも

僕はこういった売るスキルというのを

磨いていかないと

新規で大きく稼ぐことは難しいかなと

思っています。

 

ぜひ、少しずつで大丈夫ですので

覚えて実践していきましょう!

 

それでは本日は以上になります。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ