稼ぐのに「センス」は関係ありません!

こんにちは!吉岡です。

 

ここ最近は、ほぼ毎日のように

スカイプや対談にて

個別コンサルを行っており

忙しく毎日を過ごしております。

 

やはり人によって悩みは違いますし

どのくらい稼ぎたいか。

将来どうなりたいのか。

という部分も変わってきたりします。

 

その個別コンサルの中で多くの方に

聞かれる事の1つに

僕のコンサル生の実績についてがあります。

 

コンサル生にも、環境によって稼ぐ金額に

ばらつきはあるのですが

ほぼ全員の方は稼ぐことができています。

 

もちろん、現在の話で言えばコンサルを受けて

まだ1ヶ月とかそれに近い方もいるので、

「これから」という方も中にはいますが

全員に言えることは、稼ぐまでの道筋は見えている

ということは断言できます。

 

で、長いことコンサルをやっていると中には

2ヶ月目で利益10万とか3ヶ月目で利益30万円とか

稼ぐような方もいたりするのですね。

 

でも、そのような結果を出すまでの

スピードが早いに対して

普通の人よりもセンスがあるとか

才能があるという訳ではないと思っています。

 

もっと言えば、まだ稼げてない人から

30万でも50万でも100万でも稼げている人達を

見たときに、そこまでの結果を出している人は

何かすごいノウハウとか、センスとか才能とかを

持っているように感じるかもしれませんが

実はそうではないのですね。

 

これは、以前僕自身が大手企業などを中心に

経営コンサルをされている方の言葉で

気付かされたのですが

「センス」とか「才能」という言葉は

便利な言葉であり、また抽象的な言葉であるという風に

教わりました。

 

「センスが良い」とは具体的に何が良いのか?

 

「才能がある」とは具体的に何があるのか?

 

そう指摘されたときに、僕はすぐに返す言葉が

見つからなかったのですね。

 

ただ、それでもなんとなく意地もあったので

苦し紛れに

 

「リサーチで見ている視点が違うとかですかね・・・」

 

と、その方に言うと

 

なら、その視点をマニュアル化すれば

それを実践する全員センスがあり

才能がある人と全く同じ

パフォーマンスが出るということだよね?

 

でも、結果的にそうなってないということは

なぜなのか分析してるの?

 

と、まぁこんな感じでどんどんツッまれ

最後には「いや・・あの・・・」みたいな

完全に返す言葉が見つからなくなりました。笑

 

それから、めっきり僕も

「センス」とか「才能」とかいう言葉を

使わなくなりました。笑

 

でも、本当にこの経営コンサルタントの言う通りで

僕がそこを分析すべきだなと思いましたので

やはりコンサル生の考え方なども

自分には無い部分も当然ありますので

そこらへんはヒヤリングするようにしています。

 

本当に、センスとか才能とかという言葉は

自分をプラスにもマイナスにも考えることのできる

言葉だと思います。

 

ぜひ、その言葉に甘えることなく

誰でも結果が出るビジネスと考えて実践してほしいと

思います!

 

では、最後までお読み頂きありがとうございました!

 




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ