情報に惑わされない!利益率の考え方

こんにちは!吉岡です。

 

本日のテーマは

「情報に惑わされない!利益率の考え方」

という内容をシェアしていきたいと思います。

 

最近は、いろんな所で新規出品やOEMなどの

塾やセミナーをされている方が多いですよね!

 

ただ、そういった方が話している内容の中でも

「それってどうなのかなー」って思う事が

多々あるのですが、その内の1つに

「利益率」に僕は違和感を感じる事があるのですね。

 

なので、そこの部分の考え方について

僕も少し記事にしてみようかなと思います。

 

 

「利益率」というのは何か?というのは

今更説明するまでも無いと思うのですが

実は、この利益率の計算の仕方というのは

人によって異なることが多いです。

 

一般的には以下3つのパターンがあります。

 

  • 販売ベースでの利益率
  • 入金ベースでの利益率
  • 原価ベースでの利益率

 

この3つですね。

ちなみに、ウチはどのような計算方法で

やっているかというと

「販売ベースでの利益率」で出しております。

 

例えば1000円の販売価格に対して

300円の利益がとれるのであれば

利益率が30%ということですね。

 

全く同じ利益率ですが、この3つの計算方法によって

やはり数字は大きく変化してきます。

 

一番、低い利益率になるのは販売ベースであり

一番、高い利益率になるのは原価ベースです。

 

ちなみに、僕を含めて僕の周りの輸入ビジネス実践者も

販売ベースで利益率を出しているのですが、それは

単純に販売価格からの利益率の方が分かりやすいからです。

 

ここら辺は何を知りたいかにもよると思います。

 

売上ベースでどのくらいの割合が利益になっているのか?

入金ベースでどのくらいの割合が利益になっているのか?

原価ベースでどのくらいの割合が利益になっているのか?

 

という所ですよね!

 

最終的には、利益額が僕らのビジネスでは大切であって

この利益率というのはビジネスモデルが優秀かどうかとか

そのプロセスの話なので、個人的には自分が分かれば

どの計算方法でも問題ないと思っております。

 

 

 

で、何が言いたいのかというと

よく利益率50%とか60%という風に

情報発信者が言っていたりするのですが

どこのベースでの利益率なのかな?

という説明が無いので怖いなーと

思う訳です。笑

 

僕は、世間一般的な利益率の計算方法が

この販売ベースだと思っていたのですが

色んな情報発信者に会う機会があり話すと

その概念って結構、覆されます。

 

どの方法が良いか悪いかは特別、先ほども

言いました通り人それぞれでそこに対して

僕がどうこうと言うことは無いのかなと

思います。

 

それに、今に始まったことでは無く

昔から定義が曖昧だったのも事実ですし。

 

 

では、どこの部分に違和感を感じるのか?

と言いますと、新規押しの人が言われている

その利益率の高さにあります。

 

50%とか60%とか言われている訳なのですが

おそらくこれらは販売ベースか入金ベースで無いと

さすがに低すぎるのでどっちかでしょう。

 

で、この利益率って僕は個人の

ビジネスモデルのスタンスによって

変わるものだと思うのですね。

 

今から、その違和感の正体を解説していく訳なのですが

大前提に理解しておいて欲しいのが

利益率が25%と50%の価格では販売数は2〜5倍は

必ず違うと思った方が良いです。

 

当然、僕も新規出品もOEMも実践しており

また、かなり細かくデータ取りはしております。

 

ですから、同じ情報発信をしている人の中でも

実際にやっている人とやっていない偽物というのは

書いてある内容ですぐに分かるのですね!

 

 

で、利益率が50%とか60%が不可能かと言われたら

全然その利益率でも売ることは可能だと思います。

 

ただ、大半の商品は「バカ売れ」はしないでしょう。

 

ランキングも上位に食い込むのは、

ほぼほぼキツイのでは無いのかなと思っています。

 

稀に出たとしても、それが再現性のあるノウハウか

と言われたらかなり疑問ですし

もし、あるなら僕は100万円でもそのノウハウ買います。笑

 

 

もう一度言いますが、

最終的に大切なのは「利益額」になるのですね。

 

利益率というのは、ビジネスモデルの中身になるのです。

 

 

 

つまり、利益率25%の販売価格と50%の販売価格が

同じ個数売れるのであれば、それは僕も50%の販売戦略を

当然取ります。

 

また、利益率25%のトータル利益額と

50%のトータル利益額が同じなのであれば

これまた、50%の販売戦略を選びます。

 

ただ、現実的にはそうでは無いという事を

情報発信者が公表してないのが違和感なのですね。

 

だからこそ、自分のビジネスに対するスタンスで

決めるべきなのです。

 

 

例えば、資金量が10万円しか無いような方であれば

それはトータル利益額より利益率を重視して

「投資収益益率」を上げたビジネススタンスを取るべきでしょう。

 

 

例えば、ある程度の資金量を持っているのであれば

それは利益率よりも利益額に拘って

より多くのキャッシュが生まれる選択をしても良いのかなと

思うのです。

 

 

ですので、僕が凄く思うのは

「1つの情報に惑わさずに、自分のビジネスにとって

最適な方法で実践して欲しい」

ということになります。

 

 

 

少し、本日の内容は難しい内容だったかもしれませんが

ぜひ、情報を一方的に与えられるだけではなくて

情報を選択できる力と知識を身につけて実践して

いきましょう!

 

 

それでは、本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました!

 

 




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ