AmazonA+の一般開放開始(画像機能)

こんにちは!吉岡です。

 

本日のテーマは

「AmazonA+の一般開放開始(画像)」

という内容をシェアしたいと思います。

 

少し記事にするのが遅れてしまったのですが

AmazonがA+(エープラス)の一般開放を

行い始めましたね!

 

A+(エープラス)って何だ?

という方のために解説させて頂くと

たまに商品説明文に画像を載せて説明している

商品ページってご覧になったことはないでしょうか?

 

そうです!アレです。笑

 

 

一応、参考までにURLを載せておきますね!

 

→ http://u111u.info/mc5T

 

 

で、今まではこのA+(エープラス)という機能は

大口アカウントの売上の大きいセラーだけにしか

付与されないものでした。

 

ただ、今回からこの機能が一般公開されるように

なったのですね。

 

 

以下Amazonから

 

–ここから

 

平素はAmazon.co.jpにご出品いただきありがとうございます。

 

Amazonマーケットプレイスの商品説明文に、「商品紹介コンテンツ」

機能を追加しました。

 

これまで出品商品の説明はテキストのみとなっていましたが、

販売事業者自身で 商品の説明に画像を追加し

見出しとテキストを組み合わせて 編集できるようになりました。

 

本機能により、商品の詳細やイメージをよりわかりやすく

正確にお客様に伝えることが可能になります。

 

こだわりのある食品・飲料、質感やイメージが購入の決め手となる

ファッション商材のほか、実物を見たことがない新製品など、

商品の魅力を引きだすことができ、お客様への訴求力の向上が期待できます。

 

また、HTMLコードの入力は不要となっており、基本テンプレートを使用して

編集可能のため、販売事業者はだれでも簡単にコンテンツの作成ができます。

 

参考例:

⇒ https://jp-ob.s3.amazonaws.com/rcdp_support/help/SampleImage_template1.jpg

 

■商品紹介コンテンツ作成方法は次のとおりです。

  1. セラーセントラルの在庫管理で、商品紹介コンテンツを作成したい商品の

[詳細の編集]ボタン、[商品紹介コンテンツの編集]メニューの順で

クリックし、エディターを開く。

  1. 選択したSKUで、コンテンツを編集する。
  2. プレビュー機能で商品ページに表示されるコンテンツの最終レイアウトを確認する。
  3. 完成したコンテンツを[送信]ボタンで送信する。
  4. 商品紹介コンテンツ一覧で送信済みコンテンツの状況を確認する。

 

■関連リンク

ヘルプページ

よくある質問

 

※本、CD・レコード、ビデオ・DVDカテゴリーは商品紹介コンテンツの対象外です。

※コンテンツによっては、ガイドラインに従って作成されているかを

Amazonが確認することがあります。

その場合は確認に数営業日かかることもありますのでご了承ください。

 

–ここまで

 

 

で、このように画像を使うと、どんなメリットがあるのか?

というのは単純に商品のユニセッション率が上がりますね。

 

ユニセッション率というのは

Amazon用語で一般的には成約数と言った方が

分かりやすいかもしれません。

 

ちなみに、ユニセッション率1%あげることは

物販ビジネスにおいて非常に重要な考えになってきます。

 

例えば、月に1000のセッション数があるとします。

  • セッション数は商品に訪れたユーザー数になります。

 

 

その際に、ユニセッション率が

1%の場合と2%の場合で考えると

 

1000セッションで1%の成約率であれば

月に10個の販売ができます。

 

1000セッションで2%の成約率であれば

月に20個の販売ができるのです。

 

 

つまり、この1%をあげる努力をすることで

単純に売上・利益が倍になるということなのですね。

 

しかも、翌月以降も同じことが言えるのですから

長期ベースで考えた際に、その少しの手間を

サボることが、どれだけもったいないのか。

ということが分かると思うのですね。

 

 

という事で、新規出品をやっている方対象の機能に

なるのですが、ぜひ実践してみてくださいね!

 

 

それでは、本日も最後までお読み頂き

ありがとうございました!

 




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ