【リサーチ】同一商品かどうか分からない

こんばんわ。吉岡です。

 

更新する時間帯が遅くなってしまうのが最近のネックですね!笑

 

今日も、コンサル生から質問の多い

【中国で同一商品かどうか分からない】

という問題についてお話して

いきたいと思います。

 

 

・同一商品とは?

まず、中国の商品の大前提として

ノーブランドの商品を扱うというのが

一般的なノウハウになります。

 

いきなり、余談ですが(笑)

中国の国内メーカーであったとしても

それは、中国のサイトである

タオバオ・アリババで

購入したとしても偽物の可能性があるからです。

 

 

偽物は当然、知らずに販売したとすれば

それは犯罪になります。

→ http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140212/crm14021218580009-n1.htm

参考までに読んでみてください。

 

正直、本物かどうかって鑑定師でないと

判断できないぐらい中国はクオリティーが

高いです。

 

もちろん中には本物も販売していると思いますが

それを見分ける目は僕たちには基本ないですし

主にネット上の画像で判断する訳なので

それは手を出すべきではないですね。

 

いくらタオバオ・アリババの購入店で

【正規品】や【本物】って書いてあっても

欧米以上に信用できないのが現状です。

 

で、話戻ります。

では、ノーブランドの定義って何なのか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89

ようは、商標権のついてないものが

ノーブランドな訳です。

 

検索していると分かると思いますが

似たようなモノってたくさんありますよね?

 

それらって、工場が違うだけで

同じ商品でも色やサイズが変わってきます。

 

リサーチしていて全く同じ画像が使われていれば

何の苦労も無しに同一商品だと判断できるのですが

リサーチをしていると

「これって同じかなぁ・・・」みたいな

商品は多々あります!!

 

でも、扱っているのは

ノーブランドなので変にこういう商品でないと

ダメだって成約はないんですね。

 

そもそもノーブランドなので

偽モノって概念が無いですからね。

 

なので誰も商標をとっていないのだから

文句を言われることもありません。

 

いえ、言われるのであれば購入者である

お客様です!!

 

だから、逆を言えば同じかどうか微妙な商品は

お客様に納得して貰えるのであれば大丈夫だと

いうことです!

 

ここが分かれば、だいぶツッコンで

商品仕入れができるようになると思います。

 

そのお客様が納得できるかどうかは

これまた、お客様のそれぞれの性格も

ありますし何とも言えないのですが

自分でかなりキツい目で見て許せる範囲なら

大抵のお客様も許せます。

ですがノーブランドなのに

「偽物が届いた」って言うお客様もいます。笑

 

 

例えば、色で言えば

赤色の商品があって、同じような商品が赤茶色みたいな

微妙な商品だったら僕は仕入れます。

 

でも、誰がどうみてもこれは茶色だろ!って商品なら

諦めます。

 

ここらへんは、経験による感覚になってくるもかも

しれないですね。

 

ようするに、初心者の方ほど

同じ画像のモノだけ仕入れるとか

よく分からない自分ルールを作って

昨日お話した内容に少し被るのですが

自分自身で商品の仕入れ幅を

狭くしてしまうんですね。

 

本当は同一商品で出品できる商品を

見ているはずなのに判断できず

飛ばしている。

 

機会損失なので、やっぱりもったないないです

 

そもそも同一商品っぽいものも見つからないという

方は単純にリサーチに慣れてないだけなので

もっともっとリサーチをしましょう!!

コツはあります!!

 

ただ、それはお金を払って知識を得るか

自分で実践して体得するかの2つに1つです。

 

個人的には、全部が全部、お金で解決は

できないと思っています。

 

自分で体得する手法・経験からくる知識が

やっぱり強いことも

あるんではないかと思っています。

 

ただ、1~10までを知識を得るのは時間がかかるので

やっぱり最初は何か有料でも良い教材買って

流れは早めに勉強するベキなのかなって思いますけどね。

 

物販に取り組む方って意外にノウハウに

お金を投資しないらしいですが

それはアフィリエイターみたいに見習うべきなのかなと。

 

教材は1個で良いと思います。

何個も何個も買う必要はありません。

 

あと、勉強にお金を使うのならば

やっぱりセミナーに行くべきかなと思います。

 

リアルな出会いとかって本当に

自分の身になりますからね!!

 

僕もいつかセミナーをしたいと

思っていますので、その時は仲良くしてくださいね!笑

 

ちょっと、話が飛び過ぎてしまいましたが

同一商品は、そこまで神経質に全く同じでなくても

大丈夫なんですよ!というのが今日のまとめです。

 

今日も最後までお読み頂きありがとうございました!

 

 

 

PS
あ、だからと言ってもしクレームがきても
そこは自己責任でお願いしますね!笑




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ