ライバルセラーからの追い出しメール対策

こんにちは!吉岡です。

 

本日のテーマは

「ライバルセラーからの追い出しメール対策」

という内容をシェアしたいと思います。

 

このテーマは、

コンサルのクライアント様からも

本当によく頂く質問でもありますし

僕自身も何回かライバルセラーから

メールを貰った事があります。

 

 

これから始めるような方は

どのような内容か分からないと思うので

説明させて頂きますと、一言で言えば

 

「この商品はウチのオリジナル商品だから

出品を取り下げろ!!」

 

というようなメールが、Amazonを通して

ライバルセラーから警告がくるのですね。

 

このオリジナル商品と謳っている

要因は1つ、2つでは無く様々な理由で

「オリジナル商品」だと主張してくることが

多いです。

 

 

多分、どこのどなたかは知らないですが

間違った内容で情報発信を

している方がいるようで、

その方に指導を受けた方などが

こういった戦略を取っているようです。

 

で、正直僕も今までは

「面倒だから戦わないスタンス」を

推奨しておりました。

 

ただ結構、コンサル生の話を聞くと

結構むちゃくちゃな事を言う方が

増えているみたいなので

今日は、正しい内容をシェアしたいと思っております。

 

なぜ、正しいと言いきれるかと言うと

これは直接Amazonのテクニカルサポートや

当社のAmazon担当から聞いた情報だからです。

 

ですからもし、本日の内容は

今後このようなライバルセラーからの

追い出しメールを受けた方の参考にして

頂ければと思っております。

 

 

まず、現段階における

Amazonでのオリジナルブランドとして

認められる条件は下記になります。

 

——-ここから

1) 商品又は商品パッケージにブランド名の

印字または刻印(以下、総称して「印字」)がある。

 

2) 1)が明確に確認できる画像を登録する。

 

3) 商品名にブランド名を記載する。

 

4) ブランド名欄にブランド名を記載する。

 

 

これらがすべてカタログ上で確認できますと、

プライベートブランド品として認められ、

他の出品者様には相乗り出品を

ご遠慮いただくよう案内する。

——-ここまで

 

 

という事なのです!

よくライバルセラーからの警告で多いのが

3と4しか満たしていないのにも

関わらず、その商品をオリジナルブランドと

主張されるケースがあります。

 

ですが、それはオリジナルブランドとして

認められないという事を理解しましょう。

 

また2にも、注意が必要で

もしオリジナルのロゴを入れたりしても

それが画像上で確認できなければ

参入を防ぐ事はできないという事になります。

 

例えば、

「この商品は、自社のタグがついている」

とライバルセラーを追い出そうとしても

それが商品ページ上の画像で

確認できなければ意味が無いのですね。

 

 

正直な所、僕個人的には

相乗り出品も新規出品も実践してますし

それらをコンサルのクライアント様に

指導しておりますので

実は両方の気持ちが分かります。

 

やはり、相乗り出品の場合には

商品ページに参入したいものですし

新規出品の場合はライバルを

追い出したいものです。

 

 

でも、

そこを感情でどうにかしようと

するのでは無く正しいルールに乗っ取って

実践するべきだと思うのですね。

 

 

ですから今現在

新規出品している方で参入障壁を付けて

相乗りしてくるライバルを防ぎたい方は

上記4つのルールを完全に満たすようにしましょう!

 

また、現在相乗り出品をしている方で

ライバルセラーから警告を受けた方は

上記の4つのルールを確認する事で

本当に出品を取り下げるべきか

判断できますね!

 

 

で、たまにあるケースなので追加で、

シェアしたい内容があります!

 

それは、

「参入した時にはロゴなど何も無かったが

いきなり商品ページの内容が変更してロゴがついた。」

というものです。

 

そして、またライバルセラーから

「オリジナルブランドだから出品を辞めなさい!」

と警告がくる事があるのですね。

 

正直、相乗り出品している方からすれば

かなり理不尽で、厄介な問題ですよね。苦笑

 

 

ただ、これについては

Amazonの担当者から直接聞いたのですが

やはり、商品ページの変更した際の記録というものは

Amazon側に残っているみたいです。

 

ですから、このような場合においては

日付を遡り、変更前に出品している商品は

上記の4つのルールを満たしていたとしても

追い出しは不可能との事です。

 

ただ、注意すべきは

再発注分は厳しいとのこと。

 

つまり、今ある在庫分だけは裁いても良いが

次回からの出品はダメですよ!

というスタンスのようです。

 

 

実は、これとは少し内容が違うのですが

当社も、過去に突然

商品ページを変更された事がありました。

 

それは、参入する際には

単体(1個)売りの商品ページだったのですが

突然「2個セット」の商品ページに

変更になってたのですね!

 

さすがに、コレについては

Amazonに抗議しましたね。

 

既に、FBAにも納品しているのに

いきなり、セットページにされたら

たまったもんじゃありません。笑

 

おそらくウチ以外の出品者もいたので

同じように抗議が入ったからだと

思うのですが、この商品ページは従来の

単体の商品ページに戻りました。

 

理不尽な小手先のテクニックはやはり

使えても一瞬です。

 

正しい知識の元で実践して頂ければ

気持ちよくライバルとも戦えるのかなと思います。

それでは、引き続き頑張っていきましょう!

 

という事で本日は以上になります。

最後までお読み頂きありがとうございました!




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ