Amazonランキングの真髄

こんにちは!吉岡です。

 

本日のテーマは

Amazonランキングの真髄」

という内容をシェアしたいと思います。

 

まず、初めにお伝えしたいのは

Amazonが公式にアルゴリズムを発表はしていない」

という事です!

 

つまり、今から僕がお話する事は

あくまで僕の経験談+知人の輸入ビジネスプレイヤーの

意見をまとめたものになります。

 

なので、聞く体制としては

「参考程度」にしてもらえたら嬉しいかもです!

 

では、本題に入っていきますね!

 

僕のブログ・メルマガを継続的に読まれている方であれば

ご存知だと思うのですが、僕は

Amazonランキングは目安にしかならない」

という風にお伝えしております。

 

で、前回の記事の終わりには僕とは反対で

「ランキングで仕入れをするかどうか決めよう!」

という情報発信者もいるという事をお伝えしました。

 

こういった相反する意見が出てくると

初心者の方に取っては

「どちらを信用したら良いのか?」

という事が分からなくなりますよね?

 

 

なので

Amazonランキングの仕組みを知る事によって

自分で判断をしてもらえたらと今日は思っております。

 

まず、僕が主張する

「ランキングは目安」という理由の1番は

「ランキングの変動が激しい商品」

「ランキングの変動が少ない商品」

この2パターンが存在するからなのですね。

 

月間にポツポツ売れているような商品というのは

「ランキングの変動が激しい商品」になりますし

月間で安定的に売れているような商品というのは

「ランキングの変動が少ない商品」

という傾向があります。

 

つまり、その商品を見たタイミングによって

ポツポツ売れているような商品も

安定して売れているような商品も

ランキング自体に差が無いケースも存在する!

という事があるのです。

 

 

だからこそ、

このランキングだけでの判断というものは

表面上だけでの判断になってしまう

可能性があるのです。

 

ちなみに、

このランキングで判断する時に

「せどり」のような1個だけの仕入れ

というようなビジネスモデルであれば

売れないという事は無いと思うので

ランキングだけでも僕は良いと思います。

 

ただ、中国輸入のような

「複数仕入れ」が当たり前になってくる

ビジネスモデルであると、中々適正な

仕入れ数をランキングのみから判断する事は

難しいのかなという印象があるのです。

 

ただ、反対意見の

「ランキングで仕入れをするかどうか決めよう!」

という意見がある以上、

そちらについても述べておきますね!

 

これは、個人的には初心者にはオススメしませんが

中・上級者であれば可能なのかなという風にも

思っています。

 

つまり、ランキングで判断する時の材料として

・商品登録時期

・ライバル人数

・レビュー数

・商品が季節品などかどうか

という事を総合的に判断できるように

なれば、商品ページだけでのランキングで

仕入れをしても良いのかなと思います。

 

しかも、これらはあくまで

ランキングの感覚を掴んでいるというのが

大前提のお話になります。

 

ぜひ、参考にして頂ければと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

PS

昨日は、知人のセミナーに

ゲスト講師という形で参加しておりました。

 

久しぶりに主催者側について

セミナーを後ろの方から眺めていたのですが

やっぱりセミナーって良いものですね。笑

 

「また、機会があればやりたいなー」

という風に思いました。

 

という事で、10秒で終わるアンケートを

させてください!

 

参加するのであれば、どっちですか?

1、テーマが決まっている知識が得られるセミナー

2、テーマ無しのワーク型セミナー(主にリサーチの練習)

 

番号だけで良いので

下記メールアドレスに送信ください!

→ yoshioka@onekichiyunyu.com

 

お答え頂いた数によっては

直近の日程で開催しようかなと思ってます!




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ