商品パッケージが無いと出品できないの?

こんにちは!吉岡です。

 

本日のテーマは

「商品パッケージが無いと出品できないの?」

という内容をシェアしていきたいと思います。

 

こちらの質問は読者様から

頂いた質問で、同じように悩んでいる方も

いると思いますので、ぜひご参考にしてください。

 

>アマゾンに出品しようとしと思ってるんですけど分からない

>問題があったメールします。

>アマゾンですでに販売されてるもので私の商品にケースが

>ないです。これって相乗りしても良いのでしょうか?

>すみません変な質問で、、、

 

 

つまり、タオバオ・アリババで仕入れた際に

「ケース」がついて無かったが、これをそのまま

Amazonに出品しても良いのか?

という質問ですよね!

 

これに対する回答になるのですが

これはAmazonの商品ページの

商品画像によって変わってくるのですね。

 

Amazonの商品ページ上に

「ケースの写真」が乗っているのであれば

基本的には同じケースではないと出品をしてはいけません。

 

もし、「ケースの写真」が乗っていないのであれば

ケース無しの裸のまま発送するのはマズいですが

OPPなどに入れて梱包すれば何の問題も無いです。

 

このような感じで、読者様には返答させて頂きました!

 

で、この質問は良いなと思ったので更に

深堀してみようかなと思います。

 

 

そもそも、

「商品のパッケージは商品の1部であるのか?」

という根本の部分が分かれば、こういった事に

悩まなくて済みます!

 

これは、僕がお渡ししている

「無料プレゼント」の教材の中でも書いているので

そこから一部抜粋しますね!

 

ーーーここから

結論から言いますと

「外箱も商品の一部になります!」

ですので、Amazon の商品ページに

「外箱」が乗っているのであれば、

同様の外箱が販売されてある所から

仕入れを行ってください。

 

ですが、仮に商品ページに「外箱」が乗っていない場合。

これは、どんな外 箱が使われていても

 

「商品自体」が同じであれば、

どの外箱の商品を 選んで頂いても問題はありません。

 

問題はないのですが、1点だけ懸念する部分があって

それは、もし「外箱」 が中国語で書いてある商品であれば

お客様からはあまり良いイメージは

も たれないということです。

 

今、身の回りには中国製の商品なんて

山ほどあるにも関わらずやはり日本人からすれば

「中国」の商品には あまり良いイ メージを持っていない人

が多いのが現状ですね。

 

じゃあ、その場合は「やめた方が良いか?」

と聞かれれば僕は、お構いな しに扱いますね。

 

もちろん、それによる「悪い評価」というものは

あるのですがそれでも「クレ ーム」にまで

発展したことはないですし

基本的にその「悪い評価」も

「商品に対して」の悪い評価であって

自分のお店に対する「悪い評価」ではないんですね。

 

その商品が壊れていたとかは別ですよ。

 

なので、まとめると

「外箱画像が乗っている商品は同じ外箱を揃える」

「外箱画像が乗っていないのなら、気にしないで出品する」

 

ということを実践して頂ければと思います。

ーーーここまで

 

 

 

まぁ、今回頂いた質問の回答と

だいたい同じような事を言っていますね!笑

 

では、なぜ商品パッケージは

商品の1部として認識されるのか?

という事を考えた事がありますでしょうか?

 

これは、「Amazonの規約だから!」

というような単純なものも当然ありますし

日本人の風習というような文化的な所もあるでしょう。

 

でも、今回知って欲しいのは

「商品パッケージにも値段(価値)がある」

という所です。

 

どういう事かと言うと、

「バルグ品」というものをご存知でしょうか?

 

Wikipediaで調べてみると、、

 

バルグ品とは?

コンピュータ(主にパソコン)の部品や周辺機器のうち

簡素な包装で販売されている品目を指す。

 

きれいな外装箱・丁寧なマニュアル

付加価値的な同梱品、メーカー保証などのサポートを省き、

簡素な包装でリテール品よりも

安価で販売されている品目を指す。

 

というような記載があります。

 

 

PC周辺機器の商品で

OPPなどで簡単に梱包されているだけ。

と言い換えられるかもしれませんね。

 

では、簡単な梱包で

説明書無くてサポートもついてない

このバルグ品の買う人のメリットは何なのか?

と言えば、、、

 

通常の同じ商品よりも「低価格」

これしかありません。

 

つまりはですよ?

「バルグ品」という言葉が存在するという事は

「商品パッケージ無し」の商品という概念が

世の中には存在するんですね!

 

 

だからこそ

「パッケージは商品の一部」

という事が断言できるのかなと思ってます。

 

で、基本的に僕たちが扱っているような

商品って「バルグ品」みたいなものが多いです。

 

中国や英語のパッケージがついてれば

まだ親切な方で、OPP袋で梱包されて

送られてくるような商品って山ほどありますよね!

 

で、このバルグ品のメリットが

「低価格」なのであれば

 

逆に言えば

・パッケージ

・説明書

・サポート

 

ここによって、そういった同じような

ライバルセラーと差別化を図る事。

 

もっと言うのであれば、新規出品時に

同じジャンルのライバルよりも高単価で

販売する方法として有効だと容易に想像できるの

ではないでしょうか?

 

もちろん、商品カテゴリーによっては

パッケージも説明書も必要無いジャンルって

あります。

 

そういった商品を扱う際には

ぜひ、違う差別化を考えて実践してみてください!

 

ただ、大半の商品には

このパッケージとか、説明書で差別化できると

思いますね。

 

少し長くなってしまいましたが

ぜひ、参考にしてみてください!

 

それでは最後までお読み頂き

ありがとうございました!

 

 

PS

僕は、この「バルグ品」って欧米輸入を

やっている時に知りました。

 

ebayで仕入れている時に

「バルグ品」って書いてあったのですが

当時は意味が分からなく、そのまま仕入れた事があって

手元に届いて、「あーやらかした・・・・」

って感じになったのを覚えています。

 

さすがに、Amazonでは販売できなかったので

ヤフオクで裁きましたが、こういう失敗から

学べる事って多くありますよね!

 

案外、失敗しても何とでもなる事は

多いので、どんどんチャレンジして

失敗を繰り返しながら大きく稼いでいきましょう!




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ