輸入ビジネスは、なぜ赤字が出るのか?

こんにちは!吉岡です。

 

本日のテーマは

「輸入ビジネスは、なぜ赤字が出るのか?」

という内容についてシェアしたいと思います。

 

輸入ビジネスというか、物販ビジネス全体に

言える話だと思うのですが、在庫を持つという

ビジネスにおいて、この「赤字」というものは

永遠のテーマなのかなと思います。

 

 

そこで、今日はこの赤字についてを

少しだけ深堀して考えてみようかなと思います。

 

僕の経験上、どんなに稼いでいる人でも

「赤字を出した事がない!」という方は

見た事がありません。

 

そもそも、僕たち販売者は自由に値段設定が

できるのにも関わらず、なぜ赤字になるのか?

 

と、考えたときに、それは自らが

赤字になる値段設定をしているから出るんですよね?

 

 

だから、もしかしたら赤字が出るという表現よりも

「赤字を出している」という表現の方が正しいかもしれません。

 

 

では、なぜ自ら

「赤字になる」と分かっていて

その値段で販売するのか?と言えば

 

「売りたい!」

「売り切りたい!」

という、在庫をキャッシュに変えたいという思いが

根底にあるからだと思います。

 

 

だからこそ、売るために

値段を下げたら売れるだろう。

というような感覚で赤字になる価格を

 

自らが設定して販売する訳ですよね。

つまり、意味があって

赤字を出しているという事を

僕たちは意識しておく必要があるのです。

 

 

で、ポイントとしては先ほど言った

「値段を下げたら売れるだろう」

という状況になる原因ですよね。

 

この原因というのは何パターンしか無いです!

ここを、きちんと理解しておくと

これから赤字の価格を設定する必要が

減ると思います。

 

 

まず、1番多いパターンは

「ライバルという供給量が増えること」

欲しい人よりも売りたい人が増えれば

自分から買ってもらおうかと思えば

ライバルより値段を下げるしかありません。

 

これが、ライバルと違う商品で

「商品力」で勝負が出来るならまだしも

全く同じ商品を扱っている場合において

差別化を図れる部分が「値段」しか無い場合に

こういう赤字設定価格にするという状況が

生まれてくるんですよね。

 

ただ、Amazonの場合においては

「カート価格」を獲得する為に

合わせる価格帯で出す必要があるので

最安値ではなくても良かったりもします。

 

で、このパターンの赤字を防ぐのは

割と簡単な対処方法があります。

 

 

それは、

「ライバル増加傾向にある商品は参入しない」

という、ただそれだけです!

 

プライスチェックやモノレートを見て頂ければ

過去の販売価格やライバルの増減という物が

確認できると思います。

 

 

その際に、何も考えず

売れている販売個数だけを確認

するのだけではなくて、

 

・過去から現在までの販売価格はどのように

変動しているのだろうか?

 

・過去から現在までのライバルの人数の

増減はどのようになっているのだろうか?

 

という事にも、ぜひ注目してみてください!

 

 

「価格は段々と下がってきて

ライバルはどんどん増えてきている」

というような商品においては

リサーチしている段階で利益が取れていても

参入するまでのリードタイムの間に

価格競争に陥っている可能性は充分にあるんですね!

 

なので、赤字を出さないための

対策としては、そもそもそういった商品に

参入しない事が1番だと思います。

 

ただ、注意点としてなのですが

「未来の事は誰にも完璧には読めない」

という事です。

 

つまり、今現在

ライバルも少なく販売価格も安定していたのに

自分が参入した時には、価格競争が起こってしまった。

 

という状況も中にはあるという事なんですね。

 

こればかりは、未来の事なので

完璧に防ぐ事ができないのです。

 

ただ、理解して欲しいのは

全部が全部そうなる訳では無いという事なんですね。

 

つまり、自分の持っている商品が10割ある中で

そういった状況に陥る商品というのは

1〜2割の商品だと言うことです。

 

ですから、他の利益が出る商品で

充分に補う事ができる訳になります。

 

もし、自身が持っている商品で3割以上の

赤字になる商品があれば、それはリサーチというか

仕入れ判断の基準が間違っております。

 

もっと、仕入れ判断の基準を厳しくする事を

オススメします。

 

結構、赤字について話すだけでも

ボリュームが出てくるものですね。笑

 

この赤字の考え方については

動画を取っても良いかなと考えてます。

 

物販ビジネスで利益を伸ばすポイントには

やはり、経費・赤字を減らすという事も

非常に重要な考え方になってくるんですね。

 

 

ぜひ、ビジネスをするのであれば

そういったプラスを増やすという事だけではなくて

マイナスを減らすという事も考えてみてくださいね!

 

それでは、本日も最後までお読み頂き

ありがとうございました。

 

 

 

PS

僕は「新規出品」でも赤字で販売する事が

必要だと思っています。

 

新規出品では、同商品のライバルはいないですし

今日述べた原因にはならないのですが

それでも、この赤字を恐れずに上手く活用すれば

とんでも無い武器になると思うんですね。

 

例えば、「フリー戦略」と呼ばれるものも

そうですよね?

 

街中で、

シャンプーやリンスの試供品を

配ってるものとか

スーパーで試食コーナーで

タダで食べる事ができるものとか。

 

こういった戦略ありきで

戦略立てて販売する方法は

多くの実践者は怖くてできないので

参入障壁ができます。

 

もちろん、Amazon内において

無料で商品を配ったりする事はできないですが

少し、この赤字で販売するという意味を

考えたら面白いと思います。

 

こういうのは、全部自分の成長になりますからね!




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ