欧米・中国輸入のそれぞれの現状①

こんばんわ。吉岡です。

 

今日はタイトルの通り【欧米・中国輸入の現状】
についてお話していきたいと思います。

 

これから輸入ビジネスを始めようかなって考えている人に参考
になれば幸いです!!

 

・欧米輸入

現在、欧米輸入は一時期に比べ、圧倒的に実践者が減りました。
なぜなら、ご存知の通り、円安になり

 

単純転売では利益がかなり低いビジネスモデルになったからだと思います。

 

単純転売とは、Amazon.comやebay、プロダクトサーチでヒットした
ネットショップ等から、値引きなしでそのまま仕入れて販売するものですね。

 

では、低いと言っても実際はどれくらいだと思われますか?

 

現状を答えるならば、利益率で言うと10~15%がアベレージになってくるのでは
ないかと思います。

 

ようは、100万円の売上に対して10~15万円しか利益が残らないといったような
感じですね。

 

ですので、一般的に欧米は資金力が多くないとキツいと言われています。

もちろん、資金力というのは現金だけの話ではなくて

クレジットカードの枠も含めての話です。

 

 

また、欧米輸入=卸契約というノウハウも一般的(当たり前)のノウハウに
なっているのが現状だと思います。

 

ネット上を検索すれば、正しい情報かどうかは別として何かしら無料で
情報が手に入るでしょうね。

 

じゃあ、その中で欧米輸入実践者内で何が起こっているか!?

 

商品にもよりますが・・・
(主に電化製品やキッチン用品が多い気がします)

卸契約を取った者同士の価格競争が起こっている商品も多々見られます。

 

なぜなら正直、卸契約自体のハードルってさほど高くはありません。

僕自信は卸交渉自体を外注に任せています。

 

やっぱりきちんと外注に説明して定型文を渡し、正しい交渉の仕方を指示すれば
輸入実践者ではないド素人の外注でも取れてしまいます。

(ちなみに、この方は専業主婦の方です)

 

少し話がそれましたが、欧米輸入の実践者はそれくらいが当たり前の
レベルで、その中でライバルとしのぎ合い稼いでいるという話です。

 

多分ここまで言うと

「じゃあ、素人には欧米輸入で稼ぐのは難しいのか?」

と考える人が出てくると思いますので、そうではないと言っておきますね!

 

確かに、円高だった1年前・2年前に比べると難しくなってます。
それは継続して実践している僕も肌で感じています。

 

ですが、やっぱり工夫することによってまだまだ稼いでいくことはできます。

例えば、もの凄く一般的なノウハウで「ギクセン」というツールがあります。

 

これはebayのオークション形式で仕入れる際に、自動で入札してくれるツールなのですが
これって無料で手に入る情報で、知っている人もかなり多いのですが

 

じゃあ、今現在このツールを使って仕入れている人がどれだけいるか?
多分、あまりいないのではないかと思います。

 

正直、ギクセンを使って仕入れると卸契約で取引する商品価格よりも
同一商品が安く仕入れられることなんてたくさんあるんですね。

 

なのにも関わらず、実践しない人が多いのはなぜでしょうか?

古いノウハウだからですか?

 

いいえ!単純に面倒だからやらない方が多いだけに思います。

 

思うような価格で設定して実際に落札できる割合って1~2割くらいなのですが
残り8~9割は、設定するのに落ちないので時間の無駄になってしまう訳です。

 

だから、やりたがらない人が多い。

でも、僕は例えば今、単純転売でリサーチして儲かる商品を見つける時間と

 

ギクセンで10個登録して1個しか落札できなかったけど、落札できた商品は
卸よりも安い価格で仕入れることができた。

 

前者と後者、どっちが効率が良いかと考えれば絶対後者だと思うんですけどね。

 

だって、今後その落札できた商品を元にそのebayセラーに直接交渉できる可能性も
出てくる訳なのですから、普通に考えて後者を選ばない方が損だと思うのです。

 

ちょっと話が脱線しましたが、欧米輸入でも少し工夫をすればきちんと稼げますよ!
とお伝えしかっただけです。笑

 

ただ、コンサル生の方にもたまにいるのですが

今は中国輸入がブームで欧米輸入の実践者が少ないから逆にチャンスだ!!!

このような考え方は危険なので、やめた方が良いです。

 

人と違うことをやるから稼げる!みたいな考え方は僕も大好きなのですが

両方実践している僕からアドバイスするならば

輸入ビジネスで初心者は中国輸入を始めるべきです。

 

欧米も工夫すれば稼げると言ったあとなので申し訳ないのですが・・笑

なぜなら、中国輸入は最近実践者が確かに増えてはきましたが

まだまだタオバオ・アリババからの単純転売で充分稼げるから

稼ぎやすいのは、やっぱり中国ですね!!

 

ただ、それも長くは続かないでしょうね。

それは、欧米輸入がブームだった後の現状と同じ運命を辿るからです。

数ヶ月前に比べて、今は中国商品で価格競争になっている商品も多く見られますしね。

 

僕は既に、欧米同様に価格交渉で単純にタオバオやアリババで仕入れるよりも
安く商品を仕入れていますし

 

もちろんコンサル生の方にも、きちんと伝授しています。

だから、結果が出ない方がおかしいくらいのレベルなのです。

 

ちょっと、欧米の話から中国に飛んでしまいましたね。

 

長くなったので中国の現状は明日またお話します!!

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました!!

 




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ