ルイヴィトンとコーチと無名ブランドの違いは?

こんにちは!吉岡です。

 

本日のテーマは

「ルイヴィトンとコーチと無名ブランドの違いは?」

という内容についてシェアしたいと思います。

 

 

「全然違うじゃん!」

という声が聞こえてきそうですが(笑)

 

今回の記事でお伝えしたい事は

表面上の違いでは無いのです!

 

 

少し、奥深い所の戦略部分の違いを

お話しますので、ぜひ今現在「自分ブランド」を

作成している人は参考にしてみてください!

 

バイマをやっている人の中では常識的な内容で

「ルイヴィトンは転売しても儲かりにくい」

というようなノウハウがあったりします。

 

 

他にも、CHANELとかCelineとか

こういったハイブランドも儲かりにくかったりしますよね?

 

 

じゃあ、

なぜ儲かるブランドがある一方で

儲からないブランドがあるのか?という事を

考えた事がありますでしょうか?

 

これは、

様々な理由があるのですが

大きな理由の1つに「企業の戦略」というものが

存在するからなんですね!

 

 

例えば

15万円のルイヴィトンのバッグ

7万円のコーチのバッグ

1万円の無名ブランドのバッグ

3種類のバッグがあったとします。

 

で、それぞれ値段は大きく違えど購入する

お客様がいらっしゃるのは分かると思います。

 

 

で、ですね?

この中で1番、高いルイヴィトンを買う人の心理は

「頑張った自分へのご褒美に!」とか

「ブランド価値に見合う自分になる為」とか

そういった「贅沢」や「高級感」を求めている方が

大半だったりします。

 

 

それは、ルイヴィトンの企業自体がそのような

マーケティング戦略をやっているからなんですね。

 

だからこそ、ルイヴィトンは安売りをする事が無くて

先ほどのバイマの「転売しても儲かりにくい」という事に

繋がってくる訳になります。

 

逆に無名ブランドのバッグを買う人の心理は

「安い価格のものを探している」とか

「雨に濡れても大丈夫な防水加工」とか

「何年も使える丈夫な素材」とか

そういった心理の方が多いです。

 

 

また、その心理が分かっているからこそ

販売者側もそのような売り文句の

所が多かったりしますよね。

 

その中で後からデザインがついてくるのですね。

 

 

そして、コーチなのですが

安売りもしているブランドです!

 

ですが、ただ安売りをしている訳では無くて

期間限定であったり、アウトレット限定とか

きちんと「限定性」を持たせて販売している

マーケティング手法をとっていたりしています!

 

 

つまりですね?

どこの企業も、戦略ありきで商品の販売を

しているという事なんですね!

 

 

僕たちは、やはりルイヴィトンやコーチみたいな

有名ブランドでは無く、無名なブランドなので

その戦略ありきで戦っていかなかれば

ならないのですが、

きちんとした戦略を組み立てれば

「安売り」はしなくても全然販売する事が可能です。

 

 

ぜひ、一度自分が作っているブランドの

コンセプトは何だろうか?という事を考えてみてくださいね!

 

 

本日は以上になります。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ