中国輸入:セット化とおまけの違いは?

こんにちは!吉岡です。

 

本日のテーマは

「セット化とおまけの違いは?」

という内容についてシェアしたいと思います。

 

一時期、メインの商品に「おまけ」をつけることで

差別化をしようというようなノウハウが流れることがありました。

 

ただ現在、このブログを書いている時点では

Amazonの規約で「おまけ」というものは

コンディション説明に記載をするべきもの。

 

商品ページに記載すると違反になるという

ルールに変わっております。

 

ようするに、もう「おまけ付き」という

戦略は何も差別化が出来ないという

ことになります。

 

 

ただ、紛らわしいのは

「おまけ付き」も「セット化」も2つ以上のモノを

1つの商品ページで販売するということになるのですね。

 

ようは、ここの認識を間違えてしまうと

きっちりとした「差別化」にはならず、

誰でもが参入できる

そこらへんにある商品ページに

なってしまう危険性がある。

 

ということになってしまいます。

 

 

では、まず意識して欲しい部分として

「おまけ付き」と「セット化」の定義について

解説していきます。

 

まず、おまけというのは一般的には

「メイン商品+α」という販売方法になります。

 

 

分かりやすく例えるのであれば

ペットボトルのジュースなどを買う際に

たまに、キャップの所に「ストラップ」的な

ものがついていることがありますよね?

 

ちょうど、そんなイメージになります。

 

ブルーオーシャン戦略

 

 

正直、あって喜ぶ人はいても無くてクレームを

言う人はいないような、そんな感覚ですね。

 

では、反対に「セット化」はどうなのか?と言いますと

「メイン商品+メイン商品」という販売方法になる

認識してください!

 

それは、「複数セット販売」であったとしても

「組み合わせセット販売」であったとしても

変わりはありません。

 

これも、考えてみると分かると思うのですが

仮に「10個セット」という商品を購入したのにも関わらず

「9個」しかなければ、それはクレームになると思います。

 

また、先ほどの「シャンプー&リンス」セットに例えるなら

「リンス」がついて無いようなものです。

 

それは、ほぼ間違いなくクレームになりますよね?

先ほどの、おまけ付きの所で

正直、あって喜ぶ人はいても無くてクレームを

言う人はいないような、そんな感覚ですね。

という事をお話しました。

 

 

でも、「セット化」の場合は

あって当たり前であって、無ければクレームになる

 

こういったものが「セット化」をする際に

重要な考え方だと思っています。

 

 

こういった戦略で、きちんとセット化をすれば

それは、必ずそのセット内容を揃えないといけませんので

本当にライバルが参入しずらい商品になってくると思います。

 

また余談なのですが、この「セット化」においては

【必ずしも中国商品のみで形成しないといけない訳ではない】

ということも知っておくと幅が広がると思います。

 

 

どういうことかと言いますと、

「中国商品+国内商品(100円均一で買ったもの)」や

「中国商品+欧米商品」などの国を越えた組み合わせ

 

とすると、一概に組み合わせと言ってもそれは

何千種類、何万種類、それ以上の組み合わせ方が

存在すると思うんですね。

 

 

実際にAmazonの商品ページでは

この上記の組み合わせ方法で商品ページを

作成している方もいらっしゃいます。

 

 

そうなってくると、やはりなかなか参入しずらいので

本当に良い「差別化」になってくると思います。

 

ぜひ、実践してみてください!

 

では本日は以上です!

今日も最後までお読み頂きありがとうございました。




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ