稼げるノウハウは教えたくないものなのか?

こんにちは!吉岡です。

 

本日のテーマは

「稼げるノウハウは教えたくないものなのか?」

という内容をシェアしていきたいと思います。

 

僕も初心者の頃に色々とネット上で情報収集してた時に

凄い感じてた事があって

 

「本当に稼げるノウハウを教える人はいるのか?」

「コンサルを受けても大事な情報だけは

言わないんじゃないか?」

 

というような疑問がありました。

 

 

また、過去2人に僕自身が言われた事もあります。

まぁ、疑問に思う気持ちは凄い共感できるんですけど

実際言われると悲しいものがありますが・・・。苦笑

 

 

で、今日は僕の周りにも塾をやったり

コンサルしたり、教材を出している方も多々いるので

実際はどうなんだ?という所をお話していこうと思います。

 

 

結論から言いますと

「僕の周りの人間は全て自分のノウハウは包み隠さずに

教えている人達ばかりです!」

 

「本当か?」と思われるかもしれませんが

本当なんです。

 

ただ、これからは事実を述べますが

僕の周りにはいないですけど

(個人的にそんなくだらない人と付き合いたくないので)

「自分の持っているノウハウを全て教えている」

と言っても、そもそもノウハウのレベルが低い人も

いるのは確かです。

 

 

というのも、僕のコンサル生の方にもいるのですが

僕のコンサルを受ける前に、他の誰かの塾やコンサルを

受けていた事があるという人は少なくない人数でいます。

 

で、僕はそういうのって凄く気になる派なので

どんな塾・コンサルだったのか?

という事をめちゃくちゃ細かく聞くんですよね。笑

 

 

で、僕が聞く中で多いのは

別にサービス自体は悪くないらしいです。

 

質問をすればきちんとレスポンスも返ってくるみたい

ですし、割と丁寧に教えてくれたと満足度は高かったりします。

 

だから、僕もコンサルを受ける前にそういう話を聞いたら

基礎はできているのかなって思って、

その前提で進めていくんですけど

びっくりするくらい基礎的な内容を知らない。

 

 

おまけに紹介されて現在使っている代行会社は

手数料高い、送料高い、検品精度悪い。

 

輸入規制、販売規制がかかる商品も

知らない。

 

と、言ったような

「今まで何を教わってきたんですか?」

と思ってしまうレベルのノウハウしか教えてもらってない

方もいたりしました。

 

 

僕の中では、これらのような基礎の内容も全部

「稼げるノウハウ」であり、重要なノウハウだと

思ってます。

 

で、僕がそうだったのですが

 

凄い稼いでいる人って何か特別な事を

しているんじゃないんだろうか?とか

誰も知らない方法をやっているんじゃないだろうか?

 

って思ってた時期がありました。

 

 

でも、実際にネットの枠を越えて

オフラインで稼いでいる人に出会う事も多くなり

色々とお話を聞きますが、誰一人として

「特別なノウハウ」は持っておりません。

 

確かにネット上で出回らないノウハウであったり

高度なテクニックというものは存在します。

 

ただ、それらの多くは自分自身の力であり

ビジネスがステップアップした先に待っているもので

決して「特別なノウハウ」では無いんですよね。

 

僕自身も「知ってはいる」けど

実践できてないノウハウもいくつかありますし。

 

なので、何を「特別」とするのか?という定義も

あったりはすると思うんですけど、多分初心者さんが

思うほど凄いノウハウは僕は存在しないんじゃないかな

と思います。

 

ちなみに、気になる方もいるでしょうから

サラッと言いますが、輸入ビジネスにおける

ネット上に出回らないノウハウとか高度なテクニックとか

すでにオフライン企業は何年も前からやっているような

事ばかりですからね!

 

 

オフライン企業の方は、インターネットビジネスの

効率の良さにビックリしますが

インターネットビジネスの物販の人間は

オフライン企業がやっている事に近づいて

いるのだと思ってます。

 

 

で、ですね?

 

過去の僕も含めて

「本当に稼げるノウハウを教えるのか?」

というような疑問がある方っていうのは

どこか「気持ち悪さ」を覚えているんですよね。

 

 

「なぜ、そのノウハウを1人締めしないのか?」

「自分自らの手でライバルを育てる事にならないのか?」

という事ですね。

 

 

そこで、よくある謳い文句はこうです。

「僕はもう充分稼ぎましたので次はあなたの番です!」

「このビジネスに人生を救われたので、ぜひあなたにも・・・」

100%とは言いませんが大半は嘘でしょう。笑

 

 

結構、勘違いしている方が多いかもしれませんが

教材販売はまだしも、「塾やコンサル」って思ったよりも

儲かるものではないです!

 

なぜなら、「サポート」という業務が発生するから

なんですね。

 

どっちかというと、「労働ビジネス」であって

レバレッジが効かないビジネスモデルです。

 

よっぽど物販の方が楽で儲かるんじゃないのかな?

と僕は思ったりします。

 

 

「じゃあ、お前は何でやってんだよ!」

とかツッコミが入りそうなので、解説するのですが

 

他のビジネスはどうか分からないですけど

輸入ビジネスにおいては人的レバレッジが効く事が

よくよくあります。

 

 

もちろん、コンサル生になってくれた方

全員がそうなる訳ではないんですけど

例えばJV案件などが良い例だと思います。

 

 

つまり、

卸などの条件は良いが購入数や購入金額などで

資金的な条件が高い場合においては

一緒に仕入れたりすることもありますし、

 

まだ僕自身は実現できてないですが

稼げるようになって情報発信をやってくれれば

そこで絡んだりして、レバレッジも効きます。

 

また、直近で言えば今度、自社製品で

日本人のモデルさんを起用して商品画像を

撮るのですが、その話も向こうからモデルを借りたいが

商品数的にモデルの拘束時間が余ってしまうから

一緒にやらないか?というような提案を受けた事が

きっかけでしたし。

 

 

こういった人的レバレッジが効く案件というのは

1+1=2ではなくて

1+1=5にも10にもなる案件が多いのです。

 

でも、実践する労力や資金に関しては

2分の1。5分の1。10分の1という風に

下がったりするんですよね。

 

コンサル料金というのは確かに

決して安くない金額なのですが

それはあくまで目先のお金であってそれに

拘っても仕方の無い部分があると思ってます。

 

あくまで、それは指導料という料金であって

それ以外の何者でもありません。

 

 

例えば、先ほど言ったJV案件に関しては

どれも一回のコンサル料金を凌ぐほど稼げる可能性

だって秘めている訳ですよね。

 

それが今後、何年、何十年とその関係が続けば

比べ物にならないくらいメリットを与えてくれると思いませんか?

 

だからこそ、コンサルをやる意味があるのかなって

僕は思っています。

 

もちろん、僕の本業はあくまで物販ビジネスなので

コンサルを永遠にやるのか?と聞かれれば

「やらない!」って答えるでしょう。笑

 

 

で、話を戻すのですが

その中で僕は「本当に稼げるノウハウ」は

教えても問題ないと思っているんですね。

 

なぜなら、ノウハウというものは常に進化してます。

 

ですから1年前に通用してた方法が通用しなくなる

って事もザラにあります。

 

その中で、今現段階に置いて

自分の持っている最大限の知識やノウハウを教えても

結局はコンサルにも期間というものが存在しますので

 

コンサル期間中に「守・破・離」でいう所の

「守」の部分を完全にマスターしてもらい

「破」そして「離」に移行してもらえれば結局は

僕のノウハウが地盤となってるかもしれませんが

実践者それぞれのノウハウに変わってくものなので

何も問題ないと考えています。

 

 

だからこそ、今ちょうどこのタイミングで

中国輸入の「ツール」が出回っていますが

ツールを充てにして稼げるとか思ってたら

本当に痛い目を見ると思います。

 

ツールを使うのが悪いんじゃなくて

ノウハウの基盤の上でツールが役に立つ

という事を理解しないといけないって事ですよね。

 

ツールで稼ぐというのは順番が逆なので

ご注意くださいね!

 

 

最後は、ちょっと関係ない話になってしまいましたが

今日は以上になります。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

 

 

PS

ブログを書いている内に0時が回ってしまいました。

最近、ブログへの熱意が落ちてきてます。笑

 

いや、でも年始に「今年は情報発信を頑張る」

と決めたので、頑張らないと。

 

皆さんは、年始に決めた目標の継続だったり

それに向けての努力を維持してますか?

 

そろそろダレてくる時期ですので

気を引き締め直して、お互い頑張りましょう。笑




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ