中国輸入:Amazonからの警告文が怖い

こんにちは!吉岡です。

 

本日のテーマは

「中国輸入:Amazonからの警告文が怖い」

という内容をシェア致します。

 

僕も何回も経験した事があり

コンサルのクライアントさんからも

相談の多い内容であります。

 

で、このようなAmazonからのメールが

何回か連続できてしまうと

 

「怖くて何を仕入れて良いか分からない」

「中々仕入れに踏み出せなくなった」

というような人も実際に出てくるようになりました。

 

 

ですので、今日は実際にどんなメールがきて、

何が原因でどのように対処するのか?

 

という事をシェアしていきますので

現在、今までは普通に仕入れていたのに

仕入れのマインドブロックが掛かってしまった

という人の手助けになれればと思っております。

 

では、早速実際にどんなメールが紹介していきますね。

 

 

——-ココから——–

 

平素はAmazon.co.jp をご利用いただき、ありがとうございます。

現在、以下の商品を出品中のすべてのお客様にご連絡いたします。

——————————————-

ASIN: ○○

商品: ○○

——————————————-

こちらの商品は医療器具であるため、

販売される場合には薬事法により、「医療機器販売業許可」

が必要とされております。

このため、Amazonマーケットプレイスでこの商品を販売する場合は、

「出品者情報」ページに医療機器販売業の

免許番号を表示いただく必要がございます。

また、登録認証機関の認証を受けていると

証明できる認証番号も併せてご提示いただく必要がございます。

当サイトにて確認しましたところ、上記の記載が

ございませんでしたため、誠に勝手ながら、

本件商品の出品をキャンセルいたしましたのでご了承ください。

お客様の商品が規約に沿った商品であり、

再出品をご希望の場合には、「医療機器販売業の免許番号」を

記載いただき、「登録認証機関の認証番号」のご提示を

いただきますよう、お願い申し上げます。

マーケットプレイス コンディション・ガイドライン

http://amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html/?nodeId=1085248

https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/200339950

なお、Amazon.co.jp へご出品いただくにあたり、

規約違反が見受けられる場合には、お振込の一時留保や

アカウント停止などの処置を行う場合があります。

お手数ですが、その他の出品商品を今一度ご確認いただき、

規約に則していない出品は速やかに

お取り下げいただきますようお願いします。

Amazon.co.jpでは豊富な品揃えとともに、

安心してショッピングを楽しめるサイトを提供できるよう、

努力しておりますので、ご協力をお願いいたします。

 

——-ココまで——–

 

 

 

こちらの警告文の原因になりました商品は

『カッピング』と呼ばれる身体治療法で

日本では「抜罐(ばっかん)療法・吸い玉療法」とか

呼ばれているんですが、その際に使用する道具です。

→ http://urx.nu/ico6

※カッピングについて

 

 

こちらは、書いてある通りなのですが

「薬事法」が原因で警告がきております。

 

で、どのように対処するべきか?というと

もう出品を速やかに取り下げましょう。

 

こういった警告を無視して

出品をし続けると、やはり「アカウント停止」に

なる可能性が充分にありますが直に対処すれば

それが原因で「アカウント停止」になる事はないので

ポイントは「すぐに!」って所にありますね!

 

 

また、よく聞くのですが

Amazonからのメール」に気付かなかった。

 

という方もいて、それでアカウント停止に

なっている人も知っております。

 

できれば、自分がやっているビジネスなので

一日一回は最低でも

「セラーセントラル」を開きましょう!

 

スマホからでも確認はできますよね。

 

こういった事を習慣づけておけば

Amazonのメールに気付かなかった」

というのはあり得ないですよね!

 

ちなみに、これと全く同じ商品をコンサル生が

扱っていたみたいで

税関で没収されたと言われておりましたので

そもそもアウトな商品みたいですね。

 

 

で、僕もそうなのですが失敗したら

やはり学びって大きいですよね!

 

ですので、今回は「薬事法」が原因なので

他に、どんな商品がこの「薬事法」で引っかかるのか?

という事をもう、徹底的に調べるようにしてください。

 

リサーチの手を止めてまず

やるべきは、これですよ。

 

同じ失敗を繰り返さないマインドが非常に重要です。

 

さて、本当は何個か紹介しようかと思ってたのですが

長くなりそうなのでもう1個だけにします。笑

 

 

——-ココから——–

Amazon.co.jpからの重要なお知らせ

平素はAmazon.co.jpをご利用いただき誠にありがとうございます。

お客様がマーケットプレイスに出品された下記のご注文についてご連絡いたします。

——————————————-

ご注文番号:○○

商品名:○○

——————————————–

こちらにつきまして、購入者の評価には以下の記載がありました。

——————————————–

偽物が届いた

偽物のような、カタログ画像とは似つかない商品が届いた

——————————————–

出品者様の出品商品は、当サイトの規約に抵触いたします。

——————————————–

Amazon.co.jpにおいて提供される商品は真正品でなければなりません。

非合法に複製または製造された製品の販売は禁止されています。

——————————————–

禁止商品

○○

なお、上記ASIN は現在も出品中でしたので、トラブル回避のため、

出品をキャンセルさせていただきましたことをご了承ください。

当サイトの規約に抵触する行為が見受けられた場合には、

売上金振込みの一時保留、アカウントの停止など、

当サイトのご利用に制限がかかる場合がございます。

 

お手数ですが、現在の出品商品を今一度ご確認いただき、

規約に抵触する出品商品がございましたら、

直ちにご削除いただきますようお願い申し上げます。

 

また、仕入れ先の再確認、

ならびに出品の前の検品も強化していただくようお願いします。

偽物の可能性があるFBA商品がございます場合には、

出品を取り下げた後、返却処理を迅速に行ってください。

Amazon.co.jpをご利用いただき、ありがとうございました。

アカウントスペシャリスト

Amazon.co.jp

http://www.amazon.co.jp/marketplace

 

——-ココまで——–

 

 

こちらの警告文の原因になりました商品は

マイナーな日本国内メーカー品の商品です。

 

やはり「中国」から仕入れているので

マイナーなメーカー品でも「偽物」は「偽物」です。

 

これはAmazon側から強制的に出品を

キャンセルされているので、あとは手元に戻して処分する

という事をすべきですよね。

 

Amazonに入れっぱなしだと

保管手数料も取られますので。

 

こういった商品をたくさん持っている人は

やはりアカウント停止になる可能性が高いです。

 

一回、自分の出品している商品が本当に

メーカー品でないかどうかをチェックすべきかも

しれませんね!

 

そして、もし知らずに販売しているのであれば

Amazon側から警告が来る前に手元に戻しましょう!

 

在庫が少ないから

「販売しちゃえ!」とかやっていると痛い目を見ますので

一日でも早く、一時間でも早く

出品を取り下げる事をオススメします!

 

 

やはり、今現在ツールとか自動化とか色々と

ノウハウが出ておりますが根本的な

「知識」をつける事が最も大切になってくると

僕は思います。

 

ここばかりは、ツールや自動化ではどうしても

できませんからね。

 

やはり、プラットフォーム依存と呼ばれたりも

しますが、Amazonは初心者でも売上をあげる事のできる

凄い良いプラットフォームの1つだと思うんですね。

 

ですので、アカウント停止になってしまうと

本当にもったいないので、しっかりと規約を守って

健全に販売していきたいですね!

 

では、本日は以上です!

今日も最後までお読み頂きありがとうございました!

 

 

PS

僕が現在作っているプレゼントなのですが

もちろん、ここら辺もしっかりとお伝えした内容に

していきます!

 

多分、凄い参考にして頂けるのではないかな

と自負しております。

 

今更、中国輸入で稼げるんですか?

みたいな疑問もあるかもしれませんが

今は、昨年の中国輸入ブームが終わり

強者が残り弱者がフェードアウトしている感が

ありますね!

 

しかも、強者は新規出品に多くが移動している

傾向があるので、昨年の中国輸入ブームに

参入した方たちよりは稼ぎやすいのかなと思ってます。

 

去年、挫折した人も含めて

これから始める方にはぜひ手にして欲しいですね。

 

現在、仕上げに取りかかっているので

近日には公表できると思います!

 

しばしお待ちくださいませ^^




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ