中国輸入:オリジナル商品販売戦略

こんにちは!吉岡です。

 

本日のテーマは

「オリジナル商品戦略」

という内容をシェアしていきたいと思います。

 

1記事や2記事程度で、収まるような

薄っぺらい内容でも無いですし

少し初心者さんに取っては難しく感じるかも

しれませんが、できるだけ噛み砕いてお話して

いきますので、ぜひ読み進めてもらえればと思います!

 

 

このオリジナル商品という定義についてですが

ここでは「自分が知恵を出して考えた商品」

というもので認識してください!

 

なので、

セット化、日本語説明書、タグ付け

パッケージ作り、OEMなどなど

これらが全て該当すると言う事ですね!

 

今、現在僕が最も力を入れているのも

このオリジナル商品戦略であります。

 

 

で、中国輸入で今稼げる手段としては

相乗りと新規出品と大きく2極化している気がします。

 

どちらが稼げるか?

と言いますと、個人的には両方に

メリットがあると思ってますし極端的に

どちらか1つに無理矢理絞る必要もないのかな

と言うのが僕の意見です。

 

ここは様々な情報発信者の中でも

意見が分かれている所ですよね!

 

 

で、まぁ今回のテーマは

「オリジナル商品」ですので相乗りは置いておいて

新規出品についてをお話していく訳ですが

 

個人的には

「オリジナル商品」というのはもう

僕らのようなネットビジネスで完結している

人達だけの戦いだけではなくて

一般企業も含めた戦いになってくると思っています。

 

よく、このネットビジネスの中で

「オリジナル商品」というと、いかに

「ライバルに参入されないように差別化」をするのか?

 

という部分だけ、フォーカスされて

「差別化に対しての小手先のテクニック」であったり

「販売する上においてもAmazonが公式で動画解説」

しているレベルでしか話していなかったりと

正直、あまり濃いノウハウが無いのが印象的であります。

 

 

僕は、誇大表現でも何でもなくて

多分、今だったら何を売ってもそこそこ売れる商品ページに

できる自信があるんですね。

 

もちろん、不良品以外ですよ。笑

 

 

でも、これはその商品の売るための

「コンセプト」を考えて、きちんとした戦略を

持って販売しますし、「今だったら」というのは

それほどまでに周りの、いかにも中国輸入してます!

って感じのライバルが弱いからなんですね。

 

 

今はまだ、オリジナル商品の所って

ネット知識が少ない企業がメインなのですが

でも、まともなノウハウが出回わりライバルも強くなってきたら

おそらく、あとは楽天のように資金と広告のガチ物販の

勝負になってくるのだろうなと予想してます。

 

それも、あと1年間でそうなってくるだろうなと

思ってます。それまでは適当に出品してもある程度は

美味しい想いができるかもしれませんね。笑

 

で、まず「オリジナル商品」を作る前に。

「前」ですよ?笑

 

きちんとした「戦略」というのを自分の中で

練ってから、商品を考えた方が良いと思うんですね。

 

あ、ちなみにですがその前の段階ですが

物流フローがきちんと完成してから

オリジナル商品戦略は取り組んだ方が良いですよ!

 

よく業界の中で

「自動化で自動販売機のように・・・」

と聞いたりしますが、これは最初に取り組むべき事で

あって、ググれば多くの人が、そのフローを解説してます

ので、わざわざセミナーや高い塾に入って学ぶ事も

ないでしょう。

 

 

つまり、何が言いたいのか?というと

このオリジナル商品戦略というのは

「自動販売機」を作ることの

もう一個上の話でどこに「自動販売機」を

設置したら、よく売れるようになるのか?を

考えなければならないという事なんですね!

 

まぁ、どこに設置するも何もAmazonだろ。

と言われてしまえば、その通りなのですが。笑

 

 

ただ、そんな揚げ足を取らずに

ちょっと聞いて欲しいのですが、

 

「自動販売機」ってイメージする通り

設置したら、あとはほったらかしでお金が

ちゃりんちゃりんと入ってくるイメージですよね。

 

でも、じゃあ好きな所に何ふり構わず設置しても

売れるのか?と言ったら、決してそんな事は

ないのだと思います。

 

 

世の中にある数ある自動販売機は

1つ1つにきちんと、そこに設置する理由というか

戦略があって設置されてあるんだと思います。

 

まぁ、厳密には一定のお金の出せば

自動販売機って設置できるので

オフィスの中や自宅周りに置く人もいますが

それも、電気代などは自己負担なので

従業員の為だとか、近所の人に買ってもらいたいとか

理由は様々でしょうが

意味もなく設置している所はないでしょう。

 

 

で、話をオリジナル商品戦略に戻しますが

僕たちは自動販売機を設置する前に

やはり売るための戦略を作らないと

その内厳しくなってくる訳です。

 

ネット販売の弱点に

お客様に強くアプローチができない

という部分があると思うんですね。

 

洋服屋さんなんかに行けば

うっとうしいほどに店員が近づいて

何かとアピールしてきますが。笑

 

 

あれが、できないので

やはり商品ページ1つでしか

お客様にアプローチができません。

 

その為には、売る前にしっかりと

自分の商品を買うお客様をイメージして

・どんな人が買ってくれるのか?

・どんな言葉が魅力的に思えるのか?

・どんなニーズがあるのか?

・どうやったら喜んでくれるのか?

 

まで、しっかりと自分の中で

考えてみてください。

 

 

ビジネス用語で

「マーケティング」と呼ばれる事なのですが

これだけ、世の中に物が溢れかえっているのに

適当に出品してもダメですし

ましてや、商品開発後にこんな事を考えるのは遅いのです。

 

1つ1つの商品でここまで考えるのは

面倒ですよね?笑

 

多くの人はそう思ってます。

 

だからこそ、最初に僕が言いました通り

ライバルが弱いのです。

 

 

だから、今ライバルがまだ弱い内に

実践しておけば、余裕で勝てますよ!

 

このマーケティング部分に関しては

ネット上でよく分からないやつが言っている言葉より

一冊、有名なマーケッターの本を読むだけで

何十倍も勉強になります。

 

ぜひ、実践してみてくださいね!

 

それでは今日も最後までお読み頂き

ありがとうございました!

 

 

 

PS

タオバオを日本語でリサーチできるチャイナマートの

使い方を動画をアップしました!

→ http://onekichiyunyu.com/?page_id=517

 

PS2

吉岡にコンタクトを取りたい場合は

下記からお願いします!

必ず返信致します^^

→ http://onekichiyunyu.com/?page_id=30




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ