Amazon:アカウント停止と復活方法について

こんにちは!吉岡です。

 

本日のテーマは

Amazon アカウント停止と復活方法」

という内容をシェアしていきたいと思います。

 

 

Amazonで販売をしている方で経験した事ある方も

多いのではないのかな?と思うのですが

何かしらによる

Amazonからの警告文」のメールが届く事があります。

 

 

僕自身ももちろん経験した事がありますし

コンサル生などから相談を頂く事もあります。

 

Amazonで販売する上で、アカウント停止というのは

死活問題であり、1つの販路が潰れるというのは

「稼ぎ」に直結してくる問題ですよね。

 

また、現在Amazonで販売している方で

この販路が無くなったら稼ぎが0になるって方も

多くいると思います。

 

ですので、このアカウントに対するリスクと

万が一、停止された場合による復活方法を

ぜひ頭の片隅において実践してもらえればと

思います!

 

 

ちなみに、アカウントが停止する理由は

いくつか存在します!

 

※下記Amazonのヘルプ参照

出品権限が一時停止や取消になる、よくある理由は以下のとおりです。

・パフォーマンスに問題がある。

例:顧客満足指数(注文不良率、キャンセル率、出荷遅延率)

パフォーマンス目標に達していない

・出品に関する規約違反

・出品禁止商品や出品制限に関する規約または契約違反

 

 

これらを輸入ビジネスに置き換えれば

☆パフォーマンスの問題☆

注文不良率→不良返品が多い

キャンセル率→無在庫販売で在庫がない場合

出荷遅延率→無在庫や自社発送でトラブルによる発送ができない

 

 

☆出品に関する規約違反☆

日本で販売する際に免許、登録、届け出など

必要な許認可を受けていない出品者による販売や

許認可を受けていない商品の出品。

 

・電波法(Bluetooth、トランシーバー、携帯電話)

PSE対象商品(コンセント系やリチウム電池系)

・同人グッズ(著作権者の許諾を得ていない全ての二次創作物)

※アニメ系、キャラクター系が該当

・アダルト関連商品(一部、許可申請で販売可)

・放射能測定器

・浄水器関連商品(「JIS規格」の認定があれば可)

 

 

☆出品禁止商品や出品制限に関する規約違反☆

商標登録されている商品について、

無許可の複製、海賊版、偽物、模造品の商品は

出品。

 

詳しくはAmazonのヘルプからご参照くださいね!

 

 

さぁさて、これを見て「ドキッ」とした方も

多いのではないでしょうか?笑

 

そもそもパーフォーマンスの問題点以外は

Amazonの規約は日本の法律に基づいて

作られていますので、Amazon規約違反というより

法律を違反しているという認識を持った方が

良いですよね。

 

ですから、そもそもこういったジャンルの

商品は扱わないようにした方が良いと思います!

 

こういったブラックの商品こそ

儲かる商品って多いんですが、目先の利益に

目をくらまさないようにしてくださいね!

 

また、アカウント停止に多いのがAmazonからの

「警告」を無視して同じ事を繰り返す。

 

やはり、警告を改善せずに同じ事を繰り返していると

止まってしまうようです。

 

で、実際止まったらどうなるのか?

という部分になるのですが

僕は止まった事がないので止まった事のある

知人にきいた話ですが1番痛いのは

売上の入金額が「90日間」保留されると

聞いております。

 

キャッシュフローが完全に止まってしまうという

ことになるんですね。

 

 

では、止まったら完全に終わりなのか?

と言いますと、復活方法もあったりします。

 

それはAmazonに「改善計画書」を作成する事です。

 

内容は下記の内容を提出しなければなりません。

・今回発生させた規約違反の内容:

・今回発生させた規約違反の原因:

・同じ違反を起こさないための具体的な改善策:

・改善策を実施した場合の効果:

・改善策の実施期日:○年○月○日までに実施

・改善策の効果が見込まれる時期:○年○月

・改善策実施責任者氏名:

 

 

その後、Amazonで審査があり

出品再開かもしくは出品不可能かの連絡がきます。

 

これは復活したと聞いた事もあれば

ダメだったと聞いた事もあります。

 

規約違反の内容によるみたいですね!

 

 

ただ、復活は1回目の話であって

2回目の停止の際には、改善案を提出しても

ほぼ不可能だとも言われております。

 

僕自身、この改善計画書ではないのですが

同じような計画書を書かされた事はあります。

 

 

その時は、僕の商品を買ってくれたお客様が

その商品でケガしたしたという事でAmazonにクレームが

入ったみたいなのです。

 

そこで扱っていた商品の「安全性」を確かめているのか?

というような、調書ならびに品質向上への計画書を

提出しなければなりませんでした。

 

もちろん、この商品は客観的に見ても

「ケガ」をするような商品では無かったですし

法律を違反している商品でもありませんでした。

 

ですが、この計画書を出さなければ

「アカウント停止になる」というような事が

遠回しに書いてあるメールが届きましたので

かなり焦って作成した記憶があります。笑

 

 

この時はPL保険という存在は知っておりましたが

正直、「別によくない?」としか考えてませんでしたが

始めて、その大切さを身を持って体感しましたね。

 

はっきり言いますが、この改善書は

まぁー面倒です。笑

 

かなり細かい部分まで書かなければなりませんし

タオバオ、アリババで仕入れていた商品なのですが

生産過程も記載しなければなりませんでしたので

工場元を見つけ、パートナーを挟んでその生産過程を

詳しく聞いて、記載した記憶があります。

 

一応、その改善案でAmazon側からOK

出まして、現在は問題なく出品は続けれている状態です。

 

 

で、話を戻しますが

もし、復活ができないようであれば

アカウントを新規で作成する事はできますが

色々と気をつけなければならない点もあります。

 

なのでやっぱりアカウント停止に

そもそもならないように注意していかなければなりませんね。

 

ぜひ、参考にしてみてください!

それでは本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

PS

無料動画講座 第4弾 「リサーチについて」

でお話しました「Googleの画像検索方法」の動画をアップ

しました!

→ http://onekichiyunyu.com/?page_id=507

 

こちらは、中国輸入だけではなく

欧米輸入やバイマでリサーチする際にも使える検索方法ですので

覚えると必ず役に立つと思います。




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ