中国輸入 なんだかんだ転売が儲かる理由

こんにちは!吉岡です。

 

今日のテーマは

「なんだかんだ転売が儲かる理由」

という内容をお話したいと思います。

 

これには、同じ情報発信者でも意見の食い違いが

あると思いますが、あくまで僕の1個人の意見だと

思い、聞いて頂ければと思います!

 

最近は、業界の流れなのか

「オリジナル商品」

「独占販売」

「OEM」

と言った、ライバル不在で稼げるノウハウが

凄い流行っていますよね!

 

個人的には良い傾向だと思います。笑

 

なぜなら、

やっている事が一般商社と変わらなくなっているので

本当に力のある所だけが生き残って行くんだろうなと

思うからです。

 

現在は、まだ適当に商品を作っても

ライバルが少ないので(少し前よりかは増えたかな)

稼げると思います。

 

ただ、半年先、1年先は

そうもいかなかくなってくるでしょうね!

 

物販は本当に、先攻組とか後発組とか

関係無く稼げるビジネスモデルなので

実力をつけた所だけが残って行くのだろうと

思います!

 

で、そういった業界の流れの中で

「なんだかんだで転売が儲かる理由」

という事なのですが。

 

まず、これは中国輸入だけではないのですが

欧米輸入にしろ、バイマにしろ、せどりにしろ

始まりは全てが転売であるという所があると思います。

 

なぜ、転売が儲かるのか?

という本当に根本をもう一回考えてもらいたいのですが

 

かならず、物の価値というのには「ひずみ」

が生まれます。

 

これは需要と供給によって生まれることもありますし

季節、場所、販売先によって生まれることもあります。

 

おいしいモデルと思うのは

「お土産屋さん」とか

「お祭りのテキ屋」とかですかね。

 

コンビニが安く思えてしまうほど

値段は高いけど、ついつい買ってしまうんですよね。笑

 

で、その中で僕たちが実践している

「輸入ビジネス」というのは

国の経済状況であったり、為替であったりで

すごく「ひずみ」が生まれやすいというのは

分かりやすいのかなと思います。

 

これは、いつの時代の絶対になくならない

「ひずみ」なんですよね。

 

その「ひずみ」を狙って仕入れて販売するのが

いわゆる「転売」という行為なのです。

 

つまりリサーチと呼ばれるものは

この「ひずみ」を見つける作業をしているのですね。

 

その中で

・どれだけ需要があるのか?

・ライバルは何人いるのか?

という事を考えながらやっている訳です。

 

正直、中国という

商品代金も人権費も日本の半分以下の

国から仕入れるのに

この「ひずみ」が生まれない訳がないと

思っております。

 

なぜなら、始めて

タオパオやアリババを見た時に

多くの方が「安い!」と感じたと思うんですね。

 

それなのに「ひずみ」が生まれない。

つまりは、価格差が出ないということは

単純に考えてライバルが提示している値段以外に

理由はないと思います。

 

その本当に狭い所で苦しんでいる人が

中国輸入を実践している方の中に多いのです。

 

また、よく聞くのは

「中国輸入って飽和しないんですか?」

ということ。

 

僕の所には優秀な読者さんしかいませんので笑

こんな質問はこないんですが

他の情報発信している方の所へは、ポツポツ

くるみたいです。

 

飽和って正直ありえません。

 

なぜなら、今現在こうしている間にも

次々とAmazonには新しい商品が登録されているんですよね。

 

しかも、考えようによっては今って

かなり「転売」で稼ぎやすいと思いませんか?

 

なぜなら、今は「新規出品」をしている方が

多く、うまく差別化できていない方も多いので

登録された商品を一週間くらい見ていれば

その商品の需要が分かってきます。

 

そうなってくれば、そこに「ひょい」っと

相乗りしてしてしまえば良いのです。

 

多分、たったそれだけで

5万、10万レベルならそこまで難しくなく

達成するのかなと思ってます。

 

でも、多分この話だけでは

「ひずみ」が生まれる商品って見つけにくいですよね。笑

 

過去の記事で説明しておりますので

ぜひご覧下さい!

 

【戦略】爆発的に売れる商品

→ http://onekichiyunyu.com/?p=92

 

【戦略】爆発的に売れる商品2

→ http://onekichiyunyu.com/?p=94

 

【戦略】爆発的に売れる商品3

→ http://onekichiyunyu.com/?p=96

 

 

それでは本日も最後まで

ご覧頂きありがとうございました!

 

PS

「中国輸入 無料動画講座 第二弾」

をアップしました!

 

→ https://www.youtube.com/watch?v=_iyQP6FBWtM

 




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ