輸入ビジネス 個人輸入で起業ができるのか?

こんにちは!吉岡です。

 

本日のテーマは

「個人輸入で起業ができるのか?」

という事についてお話していきます!

 

なぜ、この話をするのかと言いますと

最近始めた「無料コンサル会」で色んな方の

相談にのってアドバイスをさせて頂いているのですが

ほぼ例外なく

 

「起業をしたい」

「将来は輸入一本で生活をしたい」

 

と、皆さんが口を揃えて

おっしゃっているからなんですね。

 

また、ビックリするのは平均年収よりも

全然高いお給料を貰っている方も例外ではないことです。

 

僕の勝手なイメージでは、こういった副業する方は

「将来がお金の面で不安だから稼ぎたい」

「サラリーマンでは稼げない金額を稼ぎたい」

というような、「お金」を目的に始める人が多いと思ってましたが

 

最近では

「自由な時間が欲しい」

「面倒な人付き合いをしたくない」

「家族ともっと接する事のできる時間が欲しい」

など

 

「お金」以外の部分で「自由」になりたいと

考えている方が増えてきているだなと実感しました。

 

 

で、そういう風に考えている方に

「本当に個人輸入で起業ができるのか?」

「実際に起業した人の実例」

「そして、僕自信が該当するので当人の意見」

などを踏まえて、お話できればと思っております。

 

まず、結論から言いますと

「個人輸入で起業をする事は難しくありません!」

 

ただ、屁理屈を言う訳ではないのですが

「起業」をするのと

「安定した生活ができる」のは

全く話が別になってきます。

 

正直な話の所、実際に物販で起業して

また「サラリーマン」に戻った人や

現在進行形で「お金がなくて困っている」人は

何人も見てきました。

 

いずれも、月の利益では100万を越える方たちが

そういった感じになっております。

 

また、逆に「輸入一本」で生活を始めて

今まで、本業に使っていた時間を全部

「輸入」に使えるようになった事で更に稼ぎが

伸びた方も何人も知っております。

 

では、その人たちの違いは何だったのか?

と僕なりに考えてみたのですが

 

 

1つは「自分の力」を過信した事。

にあると思います。

 

やはり、タイミングや流行によって

「稼ぎやすかった」から「稼げた」という方は

いると思うんですね。

 

例えば、欧米輸入が流行った当時に参入し100万を

突破した方などは

 

その当時は「転売」だけでも円高などの外的要因もあり

月収が100万円を突破できていたと思うんですが

現在は、やはり、かなりの資金を投入しないと

円安、ライバル増加なども踏まえたら中々「転売」のみでは

100万という金額は稼げないと思います。

 

これは、その当時に流行していたノウハウと外的要因によって

「稼ぎやすかった」から「稼げた」というものに

当てはまるんだと思うんですね。

 

そこで、100万というお金が稼げるからと言って

何も考えずに、遊びに使ったり、更にノウハウを

追い求める事をせずに、現状維持を続けてしまうと

やはり、いずれは厳しくなるのは目に見えていると

思います。

 

実際に、そういった現状の中で未だに

「欧米輸入」で稼いでいる方も知人にいますが

やはり、「卸交渉」や「代理店契約」など

きちんと差別化を行い、安定して稼いでいますね。

 

「転売」という誰でもできる参入障壁が低い所で

戦っていてはいません。

 

ただ、この「転売」も例外があって

それは「ニッチ市場」の知識をマニア的につけている方は

未だに、稼いでいますね。

 

これも、一長一短では身につけれないほどの

「知識」で差別化をし、戦っています。

 

特に「中古市場」というものは

いつの時代も廃れない市場であったりします。

 

そういった所で、戦って行くのも1つの戦略かも

しれませんね。

 

 

少し話がそれたので、戻りますが

2つ目の理由としては

「稼ぎの柱が1本しかなかった」

という事です。

 

先ほどの例で言いますと

欧米輸入でしか稼いで無かったのに

その、欧米輸入でコケてしまったら

収入が全く無くなってしまいますよね?

 

また、本当に現実的にありえる話で

「Amazon」でしか稼いでいなかったのに

そのAmazonのアカウントが停止されたら

その時点で、終了になってしまいます。

 

これはよく

「プラットフォーム依存」と

呼ばれる事なんですが

 

Amazonが死んだら、自分も死ぬみたいな

極端な例なのですが、それに該当する人が

多いという事なんですね。

 

もちろん、副業の内からあれもこれも

手を出すのはリソース的に厳しいのかもしれないですが

やはり、「輸入1本で稼ぐ」と決めたのであれば

複数販路はリスク分散に繋がりますし

「必須」になってくるのかと思っております。

 

 

また、それは物販ではなくても良いのかなとも思います。

情報発信や、コンサルタント、オフライン系の何か

など何でも良いのですが、もう一個、収入がある柱が

欲しいですよね。

 

 

ですので、そろそろまとめようと思うのですが

 

・自分の力を過信しない

・転売だけではなく、次の次元にいく

・複数販路展開(ネットショップをしていれば最高)

・複数の収入の柱

 

って感じなのかなと思います。

 

輸入を本業にしたいと考えている方は

ぜひ、参考にしてみてください。

 

正直、この業界ってかなりスピードの流れが

早いです。

 

一年前に稼げていた手法が、

稼げなくなるなんていうのは当たり前のレベルの話で

その中でも変わらずに稼ぎ続けなければなりません。

 

また、何年も稼ぐ事のできる手法というのは

小手先のテクニックやツールではなくて

やはり昔からある王道の手法なのかなって僕は

思います。

 

そこらへんは、どっちかというと

オンラインでビジネスをしている所よりは

オフライン起業の手法を参考にすると勉強に

なったりますね。

 

 

という事で、ちょっと長くなってしまいましたが

「本業」になる事に関しては僕は応援する派なので

頑張って、達成していきましょう!

 

それでは、今日も最後までお読み頂き

ありがとうございました!

 

 

 

PS

無料動画講座の「中国輸入 第一弾 始め方」の

動画をアップしました!

 

→ https://www.youtube.com/watch?v=z-OlTEK0QgI

 

動画内容

・中国輸入とは?

・中国輸入の流れ

・仕入れ先の紹介

・販路の紹介

・扱う商品のイメージ(輸入規制のある商品解説)

 

 

 

 

 




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ