輸入ビジネス  リサーチの鬼になるべし

こんにちは!吉岡です。

 

応援お願いします!

 

今日は、中国輸入だけの話ではなくて

輸入ビジネス全体で言える事になるのですが

テーマを「リサーチの鬼になるべし」

という事でシェアしていきたいと思います。

 

 

僕のブログを定期的に読んでくれている方は

ご存知だと思うのですが、

現在、無料相談会を実施してまして

その中で僕が動画の中で

 

「リサーチって一切しなくても稼ぐ事ができるんですよね!」

 

と、大胆発言しております。笑

 

 

まだ見てない方は下記から、どうぞ!

→ http://onekichiyunyu.com/soudankai/

 

 

その真意についてを今日はお話すると共に

勘違いして欲しくない事。

 

そして、今日のテーマと矛盾しているじゃないか!

って、突っ込む方もいると思うんで

そこらへんもお話していきたと思います。

 

 

まず、「リサーチ」と一言で言いましても

輸入ビジネスで定義されているリサーチは

かなり幅広い意味を持つものがあると思います。

 

Amazonで売れている商品を探すのも

リサーチですし

 

海外から同一商品を探すのも

リサーチ。

 

卸交渉や工場仕入れをするような

仕入れ先を見つけるのもリサーチですし

 

新規商品で市場規模をはかったり

客層を調べたり、トレンド調べたり

どう差別化するのをライバル出品から調べたり。

 

 

全部が全部、リサーチと定義されていると

思います。

 

世間一般的に言う

「マーケティング」と呼ばれるものも

この輸入ビジネスの業界では

リサーチに位置づけされていたりもしますよね。

 

この全部が全部、リサーチに定義されているから

いろんな場所や、いろんな情報発信者が

 

リサーチで8割稼げるかどうかが決まる・・・とか

リサーチが何よりも大切・・・だとか。

 

こんな事が言われているんだと思います。

 

 

この言葉自体には、

「リサーチって一切しなくても稼ぐ事ができるんですよね!」

とか言っちゃってる僕ですら凄く共感できるし

全くの同意見であります。笑

 

 

でも、この言葉の中には

先ほども言いました通り多くの意味が込められています。

 

 

そこを理解できて発言している人は

あえて言ってないのか、面倒だから言ってないのか・・・

 

理解できてない人は

そもそも説明ができないから言えないのか・・・・

 

こういう風に僕は、この言葉を

聞いたときには思ってしまいます。

 

 

まず、リサーチというものには段階があると

理解すべきです。

 

一般的にブログやYouTubeなどで

言われているようなノウハウは、僕から言わせれば

全部レベル1のリサーチです。

 

本当に基礎中の基礎のリサーチという事です。

もちろん、この基礎中の基礎のリサーチで

苦しむ人はたくさんいますので

基礎だから、誰にでもできるとか簡単だとかは言いません。

 

 

でも、言って見れば

このリサーチをマスター(理解)しなければ

いつまでたっても、次の段階には進めないということなんですね。

 

でも、あくまでこのレベル1のリサーチは

自分じゃないとできないか?と言えば

決してそうではありません。

 

ここら辺は以前の僕のブログでも

言っているんですけど、

例えば自分が中国輸入のリサーチが

ある程度できるようになったとして

でも、それを自分でずっとやってても

労働時間に対しての、稼げる金額というのが

やはり時間的な天井がきてしまいます。

 

 

また、自分がそのリサーチをし続けることによって

「能力や成長」という意味で得られるものは

おそらく「商品知識とスピード」

この2つだけになると思います。

 

この2つが大切じゃないと言ってる訳では

無いのですが、

リサーチのスピードがあがって、

仕入れができる量が増えたとしても

リサーチの質自体は恐らく同じ事の繰り返しを

しているので、そこまで変わってないはずです。

 

やればやるほど、最初にリサーチした頃に比べ

利益率が高い商品が見つかっていくか?

と言えば、決してそんな事ないですよね?

 

儲かる商品が見つかる時間は、早くなりますが

仕入れる商品の利益率は、おそらく最初のままの

商品だと思います。

 

 

例えば、どんなにレジ打ちが早くできる人間が

いたとして、お店の回転率を上げたとしても

やはり1個人では限界があるし

レジ打ちがいくら早いからと言って、それしかできない

人間にお店を任せられるかって言ったらそうではないですよね?

やはり、他のいろんな仕事を覚えて

全体的な仕事の質をあげる人間じゃないと

アルバイトでまかなえてしまいます。

 

 

なんとなーく言いたいことって分かりますかね?

 

 

なので、自分がある程度リサーチができるように

なったら、どんどん他人に任せていくように

ならないといけないって事なのです。

 

 

「リサーチって一切しなくても稼ぐ事ができるんですよね!」

って言うのは、逆を言えば

いつまでもそんなレベル1のリサーチしてたら

ダメですよ!と言い換える事もできると思います。

 

 

じゃあ、その段階になって

初めてレベル2のリサーチをしていくべきなのです。

 

このレベル2というのは

中・上級者のリサーチで、どこからレベル2かと言われると

分かりやすく「レベル」で合わしたので決めてないのですが、笑

 

仮に

 

・卸交渉や工場仕入れの仕入れ先探し

・新規出品する際の市場規模を調べる

とかにしましょうか。

 

ここを、次は自分自身でリサーチして

スピードではなく質を上げて行く事を

意識した方がやはり中・長期的に見て

自分の能力があがると共にビジネスも安定してくると

思います。

 

 

ただ、このレベル2のリサーチに関しては

なかなか無料で公開されているものは少ないです。

 

なので、それを自分で模索するか

教材・塾・コンサルなどで情報をゲットしたら

良いかもしれませんね。

 

ここは、その情報にどれだけの価値を

感じれるのか?という所で判断したら良いと思います。

で、これまた先ほどと一緒で

このレベル2のリサーチができるようになったら

他人に任せていきましょう。

 

 

リサーチって、自分の中の基準を決めてしまえば

あとは単純作業の繰り返しなのですから

自分にしかできないって事は絶対にありません。

 

 

さて、書いてたら結構長くなってしまいましたね。

続きは次回に持ち越したいと思います!

更に、具体的に濃く深堀しながら

解説していこうと思いますので、ぜひ楽しみに

しててください!

 

 

 

それでは今日も最後までお読み頂きまして

ありがとうございます!

 

 

 

PS

冒頭で述べました、無料相談会なのですが

あくまで超クローズドで実施していきます。笑

個人的に表にドカーンと出るのが苦手なので。。。

稼ぐきっかけになればと思って始めた企画なので

価値の分かる方だけご参加頂ければと思ってます!

→ http://onekichiyunyu.com/soudankai/




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ