中国輸入 新規出品に規制開始

こんばんは。吉岡です。

 

本日は、久しぶりにノウハウ的な事をシェアして

いきたいと思います!

 

それは何かと言いますと、

本当に最近の話題になるのですが

昨年の終わりくらいから、ちょくちょく噂というか

そういう話を聞いてたのですが、やはり

Amazonの中国輸入に軽く規制が入るようになりましたね。

 

どういった内容なのかというと

JANコード無しでのブランド申請する際に

今までは割と自由にブランド名を決めれていたのですが

 

昨年の末当たりから、Amazon側より

「ノーブランド」登録をするようにと連絡が入るようになったと

いうことです!

 

 

以下Amazonからきたメールです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー—————-
※ご申請時にブランド名「 ○○」でいただいておりますが、ご添付頂いたサイトURLを確認いたしましたところ、
ブランド名⇒【○○】と記載がございました。
【○○】はノーブランドに当たりますため、このたび【ノーブランド品】でSKUにて権限を付与させていただきました。
また、ご申請ブランド:「○○」でのご出品をご希望される場合は、「○○」の商品が確認できるURL、
または商品タグなどブランド名が明記、確認できるURL画像をご添付の上、再度ご申請頂ければと存じます。
—————————————————————————————————————-

 

これによりAmazonとしては現在の問題点である

カタログの整備を行っていきたい意図があるんだろうと

思います。

 

では、僕たちセラーから見たときのメリット・デメリットは何か?

ということなのですが

 

まず、メリットとしては

単純に「ノーブランド」と検索窓に検索しただけで

一定の中国商品が見つかるようになり

今までは、若干相乗りしずらいような商品へも

どんどん相乗りができるようになるということですね!

 

逆にデメリットの部分になるのですが

自分が新規出品を行う際には、今までのように

なかなか差別化が計りづらいという部分だと思います。

 

ノーブランドで登録してしまえば

ライバルが参入してくるのは時間の問題になってきますし

そもそも商品戦略として、良い品質だということを

中々アピールしずらくなる部分がありますね!

 

じゃあ、この規制が入った中で解決策はあるのか?

という部分なのですが、割と簡単で

1つ目はJANコードを取得する事。

 

これは、今まで取っていた方などはあまり関係なく

これまでと同様にJANをとって出品してしまえば

良いですね。

 

僕のように、売れ筋が良くなる商品だけ

JANコードを取るような面倒臭がりの人間は

少し手間が増えるような感じです笑。

 

2つ目の解決策としましては

きちん自分が指定するブランド名などが入っている

タグ、パッケージ、商品ロゴなどで

ノーブランドにしてくれとAmazonから言われないように

するということです。

 

現在は割と、タグやパッケージの変更をやっている所も

多いですので、これまた少し手間が増えますが

良い戦略になります。

 

ちなみに相乗り禁止かどうかは別にして

とりあえずのAmazon側からの「ノーブランド」指定を

回避する為だけであれば、タグでも全然可能なので

ぜひ実践してみてください。

 

やはり、簡単なのはJANコードを取る事が

簡単ですね!

 

ただ、現在Amazonで中国の無在庫をやっている方などは

無造作に今までは新規登録できたものが

少し、手間が増えることによっての参入障壁にはなったかも

しれませんね!

 

では、今日は短いですがこの辺で終わりです!

 

最後までお読み頂きましてありがとうございます!

 

 

 

PS

今年からは口だけではなくて

ブログ更新、そして動画など情報発信にも

力を入れていこうと思っています。

巷にあるレベルの塾レベルのノウハウは

包み隠さず、全部話そうと思っていますので

どうぞ楽しみにしておいてください!




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ