中国輸入 攻めの新規?逃げの新規?

こんばんは!吉岡です。

 

気がつくと早いもので、もう11月11日。

ポッキーの日ですね。

 

まぁ、そんな事はどうでも良いのですが。笑

最近よく「新規出品」について質問をもらうことが

増えてきました。

 

まだ、有力な情報ってネット上に流れてないせいか

結構、苦戦している人って多いような気がします。

 

というより、情報が無いから進めたくても進めないって

人が多いのかなーという印象です。

 

「新規出品」については本当にリターンの大きい

戦略になるので、なんとなく皆がやりたがる理由も

分かるのですが、、

 

先日、こんな方がいました。

「もう、相乗りの価格競争が嫌なので

新規出品をやっていきます・・・・」

 

これについて僕は、何も言いませんでしたが

「多分、成功しないだろうなー」って心では

思ってました。

 

正直、「新規出品」ってそんなに甘くないと

思うんですよね。

 

甘くないという言い方が正しいのかは

分からないのですが、僕は相乗りが嫌だから

逃げるように「新規」を学んでも多分、難しいと思ってます。

 

相乗り出品の特徴って

Amazonとプライスチェック・アマショウを見ながら

中国側で価格差があったら仕入れるみたいな

本当に、誰でもできる簡単なビジネスモデルですよね?

 

でも、新規出品の場合はそうはいかなくて

いろんな角度から数字を分析しながら

進めていかないといけない訳です。

 

新規をやりだしたら分かると思いますが

今までの相乗りがいかに頭を使ってなかったか?

というような感覚になります。

 

ただ、出せば売れると思ったら大間違いです。

 

なんか、業界の流れがそんな感じだからと思うんですけど

利益率が50、70、90%って言ってる所が多いですけど

新規出品のみで稼いでる額ってどうなの?って聞いたら

ほとんどが、10万とかそこらのような気がしますね。

 

それなら20%の利益率でちゃちゃっと効率化させて

「30万」くらい稼いだら良いんじゃないの?

と僕は思ってしまいます。

 

なんか、感覚がよく分からないのですが

高利益率で稼ぐ「10万」と

低利益率で稼ぐ「30万」では

なぜか「10万」を選ぶ人が多いような気がします。

 

んー、30万の方が良くないす?笑

 

もちろん、僕も新規出品をやっているので

「新規」自体を否定している訳では当然ないです。

 

最初にも言いましたが

本当にリターンが大きいのでとても魅力のある

戦略だと思ってます。

 

ただ、これを相乗りの次の段階で行うのか?

相乗りがダメだから逃げで行うのか?

 

ここに大きな疑問というか、、、

変だよね?って思うんですよね。

 

新規で成功している人って、ほとんど

相乗りでもある程度稼いでいる人ばかりですからね。

 

多分、逃げで新規を行って

「たまたま」ヒットすることはあるかもしれません。

 

ですが、連続的に・・

ましてや独立できるくらい稼ぐのは恐らく無理でしょう。

 

なぜかって言えば、分析する能力が無いからですね。

 

新規の商品を売る事自体は正直

そこまで難しいノウハウが無くてもできます。

 

ただ、それから「売れるページ」にしていくには

きちんと分析した数字から判断しながら戦略を持ってやらないと

難しいです。

 

また、もっと言うと売れるページにも

・3万位以内なのか?

・1万位以内なのか?

・1000位以内なのか?

・100位以内なのか?

 

これらを意図的に持っていくのも

全て数字を分析しながらやっていきます。

 

ここまでの分析を相乗りくらいで挫折した人間が

できるのか?

 

というのが、今日の僕のお話したかった内容なのです笑。

 

まぁ、新規に逃げてくれれば相乗りがその分、楽になるんで

ラッキーですけどね!

 

では、本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

PS

ちょっとブログをサボり過ぎなので

また、こまめに更新していきます。




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ