外注化 応募が集まらない

こんばんわ。吉岡です

 

前回の「代理店ビジネス」が好評だったようで僕の

ブログ初の1日4桁アクセスを達成しました。

ありがとうございます!!

 

今日の内容はコンサル生が頂いた質問について

この場でシェアしていこうと思います。

 

その内容は

「外注を募集する際に応募がこない」

というものです。

 

この応募がこない理由の1番の理由は

「同じ内容の募集をしている人が多く、自分の募集が埋もれている」

というものです。

 

正直、小手先のテクニックと呼ばれるものはあるのですが

小手先のテクニックは誰かが情報発信すれば

すぐに多用する人がいるので今現在は

有効な手段だったとしても、いずれは使えなくなります。

 

なので、今回はもっと大きな枠で考えて理解し

コンサル生には成長して欲しいので

そういった内容をシェアしていきたいと思います。

 

まず最初に以下、コンサル生とのやりとりです。

コ 「外注の応募が埋もれてしまって来ないんですが
何か周りと差別化する方法ってありますか?」

僕 「なるほどですね。ちなみに、募集したサイトはどこです?」

コ 「ランサーズです」

僕 「ランサーズだけですか?」

コ 「はい」

僕 「お渡しした外注マニュアルに他のサイトもあったと思うんですけど
そこには出してないのですか?」

コ 「まだ出してません・・・」

僕 「なぜですか?」

コ 「・・・・・・・・・」

 

 

なんか、文字で書くと返事が冷たいかなって思ってしまいますね笑

でも、別にそんなつもりも怒っている訳でも何でもなくて

なぜ、できることをしてないの?

と、単純に疑問に思ったから質問しただけです。

 

おそらく、このコンサル生はランサーズだけで

完結したかったのでしょうが、実際問題それで

できなかったのであれば、他に手段を考えなければなりません。

 

そこで、まず小手先のテクニックよりも

他の求人サイトで募集することを

提案したんですけど、これには訳があって

まず、求人サイトにも特徴があるということです。

 

ここからは転売の本質にも繋がってくるので

よく聞いて欲しいのですが

例えばの話なのですが

商品登録という作業をランサーズで50円で募集したとします。

 

でも、今回と同じような状況で周りにも同じ募集項目が溢れて

自分のは埋もれてしまう。

 

でも、クラウドワークスであれば、その商品登録を40円で

募集しても、ガンガン応募がくる。

 

ガンガン応募がくるなら30円で募集し直してみようかな・・。

とも、検討できる。

 

かたや、ランサーズは50円で厳しいから60円で募集しようかなと

「なんとも気前が良い人間が現れる・・・笑」

 

でも、1人がそうすれば必ず、真似して1人、また1人と

募集値段をあげていき、結果50円で出してても更に人は

来なくなる・・・。

 

これにより相場が60円になればさすがに

「小手先のテクニック」<60円

と、応募する方は捉えるので小手先のテクニックが

厳しくなってくる。

 

本当に一時的なものはあれど、こういったことって

よくよく起こります。

 

こういった状況も、転売と同じでやっぱり

「需要と供給の関係」だと思うんですよね。

 

Amazonで販売する時に人が増えれば

価格は下がるし

求人サイトで募集する際に人が増えれば

価格は上がる。

 

完全に自分で自分の首を絞めるパターンです。

 

だったら、そこには参入しないというのが

僕は良いのではないのかなって思います。

 

では、なぜ求人サイトによって

募集金額に差があったとしても応募が変わるのか?

 

って言えばオフラインの世界に目を向けて欲しいのですが

例えば、多くの人が実践している「中国輸入」でも

日本の金銭価値と中国との金銭価値の違いから

商品に価格差が生まれ、人権費にも差が出ます。

 

これは国の違いなので、分かりやすいと思うのですが

同じ日本人同士でも同じことは起こっています。

 

例えば、日本には「最低賃金」というものが

保証されている訳なのですが、これは都道府県によって

異なるのは皆さんもご存知かと思います。

 

東京でバイトするのと、僕のような田舎出身地のような場所では

この「最低賃金」に数百円の差があります。

 

でも、皆、その土地に住んでいる人は他県の

時給なんか気にすることはなくて

自分の住んでいる地域に見合った時給で考え

バイトなりパートなりの仕事を探すと思うんです。

 

同じような仕事でも、住んでいる場所によって

価格差が生まれる。

 

これを、そのまま求人サイトに当てはめれば

先ほどの理由も府に落ちてくるのではないでしょうか?

 

この「場所」という、たったそれだけで

それだけを考えるだけでも、小さな枠でしか考えられない人とは

大きな差が生まれてくると思うのです。

 

本当に、これは転売も求人も同じことですよね。

 

値段をあげて差別化して募集というのは

最後の手段です。

 

1円でも多く利益を残す為に、お金を

使うことに関しては慎重に考えていきたいですね。

 

「募集サイトを変える」というだけの話なんですが

先ほども述べたように、その真意というか本質を

理解して貰えたらと思い長々と書いてしまいました。

 

それでは、今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

PS

9/9に恐らくiPhone6?の発表がありますね!

これで、iPhone関連グッツの需要は急激に伸びると

思います。

皆さん準備はしてますか?

中国輸入実践者には相性の良い商材なので

しっかり波に乗って稼いでいきましょうね!




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ