セレクトショップと専門店のどちらが良いか?

こんにちわ。吉岡です。

 

昨日の「自分に強いジャンルを作る」という記事が

意外にも反応が良かったので、今日はもう少し深堀して

シェアしていこうと思います。

 

Amazonで販売を行っていく上で専門性を高めて

一定のジャンルだけ販売していくのか?

 

それとも、何でもアリでジャンルを問わず扱って行くのか?

今日はここに視点を置いていきたいと思うのですが

単なる机上の理論ではなくて実際に僕自身が経験した

ことなので、参考にして頂ければと思います。

 

結論から言いますと

プラットフォームで販売を行う上において

「セレクトショップの方が売上が立ちやすい」です。

 

というのも、Amazonの特性を考えてみると分かるのですが

Amazonで販売する上でデメリットの1つかなぁと思うのが

「リピーター戦略」が取れないところがあります。

 

そのリピーターが取れないのは

購入したお客様に対してアプローチがかけれないのが

原因としてあるのですが、それ以前にお客様のほとんどは

商品を「Amazon」で購入したと思っている所にもあると

思っています。

 

ようは、例えば僕のお店の名前が「ABCショップ」だったとして

その「ABCショップ」で購入してもお客様的には

「Amazon」で購入したとひとくくりするということです。

 

自分のお店の名前なんかは覚えてないということですよね。

基本的にお店というのは必ず「○○屋さん」と分かるようになってると

思います。

 

でないと、自分の目的のある店に行けない訳ですし。

 

例えばよくある「セレクトショップ」と言っても

実店舗の場合には、ジャンルは統一されていると

思うんですね。

 

例えば雑貨のセレクトショップとか・・・・

アンティークのセレクトショップとか・・・

海外ブランド(アパレル)のセレクトとか・・

 

でも、Amazonで販売する上において言う

セレクトショップは、そりゃもう本当に何でも

売る訳なんですよね。

 

家電も文房具もアパレルも雑貨も

全て扱うことができる訳です。

 

こういうことができるのってプラットフォームの

メリットの1つかなとも思います。

 

まぁ、Amazon自体が何でも屋さんでもありますしね。

 

そして、いろんな所にある需要に

手を出せる訳でもあるので、販売チャンスも

その分多くなる訳です。

 

なので、最初はジャンルは拘らずに

色んな商品を扱って行く方向が良いのかなっていう風に

思います。

 

その中で、ここからが昨日話していた所になるのですが

自分自身の「強いジャンル」を作っていくのが理想ですよね。

 

物販ビジネスで実際に稼げるようになってくると

いずれは、Amazon以外に販売する際には必ず

持った方が良いです。

 

本当にリスクヘッジで

「脱プラットフォーム」はしないといけないと

思う日が必ずきます。

 

その際に、先ほど言ったプラットフォーム意外で

販売する際には、「専門性」というのが求められる訳です。

ようは、このお店は○○屋さんというテーマがないと

お客様にきてもらいにくい訳です。

 

ちなみに、Amazonや楽天のような何でも扱っているような

お店を作ろうとすると、かなり高い確率で失敗するので

やめた方が良いです。

 

 

なので、まとめると

プラットフォーム

セレクトショップ

強い(得意)ジャンルを作る

その強いジャンルを活かし脱プラットフォーム

 

 

この流れが綺麗なのかなっていう風に思います。

 

では、最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

 

PS

この強い(得意)ジャンルというのは

自分の販売経験を元に決めるのもアリだと

思います。

僕はそんな感じで決めました。

例えば、「おもちゃ」のジャンルで卸がとれたのであれば

おもちゃのジャンルをもう少し深堀してみようとか・・・

自分の扱っている商品の中で1番月間販売数が

多い商品が「文房具」なら

「文房具」を深堀してみようとか・・・・

ようは、リサーチにも言える話なのですが

どんだけ1つのことを深堀して突き詰めていくのかが

あと1歩足りない人と結果が出ている人の違いでも

あるのかなって思います。

 

鬼気迫る感じでやるもの良いですが

せっかくなら、楽しんでやりましょう!!




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ