やらかしてます笑

こんばんわ。吉岡です。

 

完全にやらかしてます笑。

 

いや、笑いごとではないんですがコンサル募集をするって言ってるのにも

関わらず忙しくて募集の告知が行えていませんでした。

 

すみません。

 

えーと、もう少し、コンサル募集は延長したいなと思っています。

なぜかというと、最近また、物販業務が絶好長すぎて

忙しいからです。苦笑

 

ちなみに、今僕はどんな事をやっているのかと言えば

欧米と中国輸入をやっているのですが

欧米の卸契約に最近は力を入れています。

 

今更???

って思われたかもしれないですが今更です。

 

いえ、やってたのは随分と前から卸契約獲得はやってました。

 

この卸契約って、ノウハウがぽろぽろネット上にはあるんですが

実は一概に「この方法が正しい」というノウハウは無いと思ってます。

 

僕も、ノウハウを元にやってたりしてましたが

まぁ、ダメです笑

それよりも自分で失敗したことを教訓に仮説を立てて

実行し、結果をまた反省しながら仮説を立て・・・・

その繰り返しでようやく、ポツポツ取れるようになってきたかなって

思います。

 

本当に試行錯誤しながら、少しづつ結果が出る感じですね。

ちなみに、卸というのは、単なる数量のディスカウントではなくて

完全にメーカーの下請けとして卸させてもらうようなイメージです。

 

大量購入によるディスカウントであれば

それはebayセラーに交渉すれば済む話ですしね。

 

ような一般的な「並行輸入品」としてではなくて

「正規品」として販売できるようなスタイルを確立しているのです。

 

今では、試行錯誤の結果

ネットショップへのアプローチは効率が悪いと思って

メーカー交渉のみに絞っています。

 

ネットショップの場合で言えば交渉しても

ネットショップ表示価格の10-20%のディスカウントがほとんどです。

(中には30%も聞いたことありますが、僕は一回も無いです)

 

で、メーカーの場合で言えば

40-80%のディスカウントしてくれます。

とれたら、めちゃくちゃアツいです。

 

今週の1件、メーカーから卸取れたんですが

そこは約45%のディスカウントでした。

 

それでも、この商材ひとつでAmazonで低く見積もっても

月に売上55万の利益で15万弱は出るかなぁって感じです。

 

あんまり、卸契約に関しては

有料ノウハウ買っても、まともな具体的なノウハウが無いんで

ちょっと、コンサル期間を延長したってことのお詫びでここで

深堀していきたいと思います。

 

まず、卸契約には主に2つのタイプがあって

1つ目は口約束パターン

2つ目は契約書ベースパターン

口約束の場合は本当に楽です。

 

もう何も考えずに「卸単価リスト」だけ送ってもらって

購入すれば良いだけですので。

 

契約書パターンは少し面倒ですね。

まず、当たり前ですが契約書自体が英語でできているので

読む所から大変です笑。

 

しかも、対外PDFベースが多いので

翻訳するのも面倒です。

 

僕の場合は、翻訳してくれるパートナーがいるので

その人に翻訳してもらいながら記入します。

 

1番、注意するところは責任がどこからが

向こうで、どこからがこちらか?

ということかなって思います。

 

ようは、輸送中の破損、購入後の不良品など

それはどちらが責任を持つのか?ということです。

 

向こうが最後まで持ってくれば

対応をしてくれますが

責任が船の乗った時点でこちらにあれば

それは、こちら側で対応しないといけないと

言った感じです。

 

あと、購入条件があるかないか?もあります。

よく、初心者の方に「卸」を狙っていった方が良いですか?

と質問されますが、一口に卸と言っても向こうの条件次第では

初心者には厳しいこともあります。

 

よくよくある条件は、やはり金額と購入数です。

 

ようは、最低でも月に○○万円は購入することが条件だったり

月に○○個購入しないといけない・・・だとか。

 

これは、月単位ではなくて一回の取引ベースでも

決められることがあります。

 

なので、例えば、この商品はAmazonで月に5個しか売れないけど

卸条件は20個を購入しないといけない。

 

こういった、多少こちらの思惑とはズレての条件も

飲まないといけないケースもあったりします。

 

そういう時は、僕は多販路への併売を含め

損益分岐点などを考慮し

購入の判断はしたりします。

 

「卸」に関しては、どっちかというと

取得するまでのノウハウの方が大切ですし

あとは、既存商品ではなくて

新規の商品登録で新しくブランド(商品)を開拓していく

というノウハウでやっていくのが良いのなかって思います。

 

そこらへんは「中国輸入」でも共通する内容ですね。

 

きちんとした準備があれば、卸はそんなに難易度は高くないと

思ってます。

 

最後に大切なのは、卸契約もやっぱり「リサーチ」から

入りますからね。

 

なんだかんだで、リサーチは全ての元になるものなので

この判断はツールにはできませんね。

 

本当に1つ取れれば、それは「安定」します。

 

もう、ライバルの多い単純転売とは違って

ライバル不在で売ることができるんで

価格の下落にイライラしないビジネスができます笑

 

凄い思うのは、やっぱりどこの国から仕入れて

どこで販売しようが根本的なノウハウは

共通していると思います。

 

これって、ビジネスの組み立て方の部分に当たると

思うんですけど、だから物販って基礎が大事だなって

改めて思うんですね。

 

ということで、コンサル延長してすみません。

 

また、ここで濃いノウハウをお伝えしながら長くない先で

再募集をしたいと思ってます。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

 

PS

最近は、中国輸入で展示会にもチャンスがあれば進出したいと

思ってます。

 

まだ、展示会自体は僕自身やったことがなくて

未知の世界なんですが、オンラインばかりではなくて

オフラインに目を向けることによって

更に売上も上がるような気がしますからね。

 

というより、展示会で成功した人の話を聞いて

取引額のデカさに興奮してるだけなんですが笑。




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ