テクニックやツールよりまず基礎を理解する2

こんにちわ。吉岡です。

気づけば2週間以上、更新できてませんでした。

 

この間、何をしていたのかと言うと

ビジネス自体をサボっていたのではなくて

コンサル生の教育に励んでいたり

セミナーに参加したり

そして、久しぶりに「ネット上」でコンサルを募集しようと

考えてまして、その準備もしている最中です!

 

今はJVでコンサルを受け持っている事が多いのですが

今回は個人で「コンサルを募集」していこうと思ってます。

 

コンセプトはやっぱりコンサル期間中に

「初心者が最低でも30万稼ぐ」というものにしたいと思ってます。

 

それが僕のブログタイトルでもあり、僕が情報発信している意味になるのかぁ

って思います。

 

あ、もちろん30万稼いだら終わりなのではなくて

その先にある50万・100万のレベルまで

どういう風な戦略でいくのが最短で結果が出るのか?

って所もお伝えしていきますので、そこはご安心ください。

 

このお話は明日以降詳しくお話していきますね。

では本題である

「基礎を理解しよう」という事についてシェアしていきます

 

・・・・・ところで!

前回の内容って覚えてますかね?笑

 

さすがに時間が空き過ぎたので簡単におさらいすると

・価格差のビジネスは「付加価値」がポイントである

・需要と供給を理解することが「物販ビジネス」の基礎である

主にこの2点をお話していました。

 

良ければまた見ておいてください!

→ http://onekichiyunyu.com/?p=150#cbox

 

で、今日はもう少し深く掘り下げて

需要と供給を理解することがなぜ「大切」なのか?

ということにフォーカスしていきたいと思います。

 

そもそも僕は凄く思うんですが

この需要と供給の「基礎」を覚えるだけで

現在の物販ビジネスの初心者プレイヤーなんかは

今から初めても「ごぼう抜き」できると思ってます。

 

はっきり言って、どんな高額スクールに入っていようが

この「基礎」ができていない為に稼げない人が多く存在している

のが現状だと思いますし、その「基礎」を教えていない販売者にも

責任があるのが今の物販業界の問題点なのかなって思ってます。

 

物販ビジネスって科学に近い所があると思うんですけど

例えば「同じ物」を「同じ仕入れ先」から「同じ金額」で

「同じプラットフォーム」で販売すれば

それは「小学生」でも「大統領」でも「男」でも「女」でも

絶対同じ結果が出る訳なんですよね。

 

もっと言えば物販ビジネスを始めたばかりの「ド初心者」でも

「100万円を越すトッププレイヤー」でも同じ結果が出ます。

しかもですよ?

 

今、あるノウハウなんて物は

「同じ仕入れ先」と「同じプラットフォーム」って答えが

書いてありますよね?

 

中国輸入で言えば、「タオバオ」「アリババ」から仕入れて

「アマゾン」で販売しようみたいな・・・

だから後は「物」という所にフォーカスされることが多くて

その「物」を見つける作業。

 

すなわち「リサーチ」が結果が出るか出ないかの差になってきたりします。

でも、リサーチってめちゃくちゃ大切なのか?って言えば

以前、外注化の時にも言いましたが「リサーチ」は誰にでもできます。

 

別に、あなたが永遠にやる必要はこれっぽっちもありません。

じゃあ、何で差がでるのか?

 

それは「仕入れ判断能力」だと思うんですね。

 

ようは、この商品を

「仕入れるか仕入れないか」の判断。

「何個仕入れるのか」の判断。

「どのタイミングで追加で発注するのか?」の判断。

 

もちろん、これは初心者が転売の時点で結果を出すまでの

大切な話であって、他にも大切なポイントは多々あるんですけど

何よりも需要と供給を見て考えてながら

「仕入れ判断能力」を身につけるのが「基礎部分」だと

思いますし、何よりも優先で身につけるべきかなと思います。

 

「仕入れ判断能力」というのが分からないままに

リサーチをしていても何を基準にリサーチしているのか分からないですし

曖昧な判断の元でやるから、何時間やっても「儲かる商品」が見つからない

って事に繋がるのかなって思います。

 

少し話しは脱線しますが、

僕は「中国輸入の無料セミナー」に参加することが多々あります。

 

それは内容が気になるのではなくて

「無料でセミナーすると絶対にバックエンドで何かオファー」があるので

そのクロージングを勉強する意味で行きます。

 

で、セミナー講師の話を聞いていると「本当にひどい・・・」

大きな数字を見せる為に平気で嘘をつきます。

 

よくあるのが「この商品が月に30個売れます!」的な感じで紹介してて

その商品をその場でスマホで調べるとライバル関係抜きに

月に5個しか売れてないような物だったりします苦笑。

 

それで、平気で30個売れたら利益が・・・・・

みたいな感じで紹介しているんですよね。

 

でも、それにだまされる初心者もいるってのが

まぁ残念なんですけどね。。。

 

もー、そんな人についていけば「稼げない組」の

仲間入りですよ笑。

 

だからこそ、絶対に「基礎」をしっかり教えてくれる人から

学んでくださいね!

 

そんでもって、「基礎」は言葉だけでの理解は難しくて

やっぱり実践しながら身に付いていくものであるとも

思ってます。

 

経験ですね経験。

 

今現在ある知識と、経験によってより確信に生まれ変わります。

 

だから基礎を理解するというのは実は、情報を知っているだけでは

理解した事にはならなくて、経験し分析し初めて「理解」に繋がる物だと

思います。

 

やっと、その「理解」までたどり着いて、テクニックやツールというものが

本当の意味で本領発揮するのかなって思いますけどね。

ちょっと、思うままに書いるので読みにくかったらすみません。

 

「基礎を理解する」ってことが「大切」って分かってもらえれば

嬉しいです。

 

今日も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

PS

次回以降で詳しく話していくコンサルの件なのですが

コンサルって僕自身も受けたことがあってやっぱり

塾に入るのとでは全然違うんですよね。

良くも悪くも皆で足並みを揃えて

進めていく訳なので、個人的なアドバイスというのは

できなかったりします。

 

やっぱり人によって、資金も使える時間も環境も違う中で

その人にあったアドバイスをリアルタイムでできるコンサルが

1番「稼ぎやすい環境」だと思います。

僕は過去も含め今現在もコンサル生を多く持っていまして

多くの人を見てきました。

 

本当に、自信を持って言えるのは

「やめない限り」は、どんなに小資金でも

時間がなくても稼がせることができるアドバイスはあるという

ことです。

 

表に大きく出るのは、あまり好きではないので

今回みたいな超クローズドで募集は今後も行っていきますが

現在の横に繋がりには過去スクール開催した人が

たくさんいて、実は何人も何人も回って

過去のスクール生の悩みや躓いた所などを聞いて回ってます。

 

僕自身の過去コンサル生がつまづいた所はもちろんですが

やっぱり圧倒的な悩みの母体が必要だと思ってたので

そこを中心に今、かなり濃いコンテンツを作成中です。

 

「挫折せずに・・・・・」

僕のブログタイトルを必ず有限実行していきます!!




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ