稼ぐノウハウ以外にも必要な知識

こんばんわ。吉岡です。

 

今日、先ほどの話なのですが

今年の2月から中国輸入を実践していて

「なかなか結果が出ない」という方とお話してきました。

 

別にコンサル生ではなくて、ただ少し縁があって

知り合った方だったのですが何か力になればなと思い

カフェで1時間半くらいかな?

 

相談に乗っていました。

その方いわく、

最近の出来事として「コップ」を仕入れた所

関税に引っかかったと言っておられました。

 

なので

「コップは食器なので食品衛生法に

引っかかるって知らなかったのですか?」

と訪ねると

 

「知りませんでした・・・」

と言っておられました。

 

僕「・・・・なるほど」

僕「他には規制がかかる商品って何があるか分かりますか?」

知「いや特に知らないです・・・・」

僕「・・・・なるほど笑」

 

これって結構危険だなぁと僕自身は聞いてて思いました。

「輸入ビジネス」って簡単に始められるというメリットは

あるのですが

ノウハウ自体が「稼ぐ方法」ばかりに特化されてて

こういった基本的な知識って薄くなっているのかなって思います。

 

僕のコンサル生には必ず

「仕入れてはダメな商品」はまず始める最初に

教えますし、仕入れをする商品も最初の何回かは精査を

するようにしています。

 

これは、儲かるかどうかもありますが

そもそも仕入れても大丈夫なのかってことを

見る意味でもあるのです。

 

なので本当によくコンサル生には言われるのですが

「これ知らずに仕入れたらと思うと怖いですね・・・・」

なんて事を言われたりします。

 

話はそれたのですが

もし、独学で現在実践している方がいるのであれば

それは僕が「誰かに教えてもらった方が良い」と

あえて言うことはないのですが

せめて輸入ビジネスを行う上で最低限の知識は

つけた方がよいのかなって思います。

 

一応、お金を稼ぐということは

「本業」「副業」を問わずビジネスでやることになるので。

ここらへんは今日、その方の話を聞いてて強く感じました。

 

あと、最後にですが

最近よく話題になっていた「商標権問題」

これについても、知識はつけておいた方が無難です。

 

Amazonの規制が緩くなってからも

問題が多発しているみたいです。

 

実際に、Amazonの「商標権」問題で

裁判にまで発展したというケースや警察が動いたという

ケースも耳に入ってます。

 

これについては、本当に「逮捕」に繋がるので

笑えません。

 

でも、ラッキーですね。

 

最近、親しくしている「柴田さん」という方がいます。

一ヶ月前に、「塾」を主催したので

知っている方も多いかもしれませんね。

 

柴田さんは、「商標権」に本当に強くて

これを元に今なお差別化しているノウハウを独自に

築いていたりします。

 

もし、中国輸入実践者で「商標権」に詳しくないという方が

いれば、ぜひ見ることをオススメします。

→ http://acepro.info/shibata/

 

 

あ、アフェリエイトではなくて単純に良いものだから

紹介しているだけなので勘違いされないように笑。

 

もし購入される方は「吉岡様」という欄が「紹介者」に

ありますので、そこを選んでくださいね。

 

では、本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

PS

しかし、こういった情報って前までは

自分で小難しい本を買って勉強するか

弁理士に高いお金を払って相談するかしかなかったのに

本当、情報が買えるって便利な時代になったなと

つくづく思います笑。




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ