中国輸入 最安値ショップに拘らない

こんにちわ。吉岡です。

 

中国輸入を実践していると、どうしても一定の割合で

「不良品・粗悪品」というものが発生してしまいます。

 

ですので「検品」というのは実はとても大きな

役割の1つで、意外とここの部分に重きを置いている人は

少ないように感じます。

 

また、検品は「日本」に届いた段階よりも

やはり「買付代行会社」もしくは「パートナー」である

まだ「中国」に荷物がある段階でしっかりとしてもらうことが

返品の手間などが省けて良いかと思います。

 

でも、そもそもの段階で「不良品・粗悪品」を回避するという

努力は僕達、中国輸入を実践している側で必要不可欠なのですね。

 

もちろん、それらを回避する「ノウハウ」

というのはあるのですが

それでも100%防ぐことは正直難しいのでは

ないかなっていうのが僕の見解です。

 

なので、今日は一度仕入れた商品に「不良品率」が高かった場合の

対策として僕が意識している事をシェアいていきたいと思います。

 

まぁ、答えはタイトルで出しているのでバレバレなのですが笑

 

必ずしも「最安値ショップに拘らない」ということです。

 

物販ビジネスには基本概念である

「1円でも安く仕入れる努力をする」というものがあります。

 

ですので、多くの人はタオバオ・アリババにおいて

先ほどの「不良品・粗悪品回避」の最低条件を満たしつつ

その中でも「1番安い仕入れ値」である店舗から購入している

と思います。

 

これは、もちろん正しいのですが

それでも「不良品率」が高かった場合に

いくらその商品が儲かる商品だとは言え

同じ店舗から再仕入れをするのはやはり気が進まないと

思います。

 

ですので、+何元か高かったとしても

別の店舗で購入し不良品率を下げる

ということを僕は意識しています。

 

もちろん、仕入れ値が上がることも気が進まないことでは

あるのですが、よくよく考えてみてください。

 

不良品率が下がることで「返品率」も下がり結果

利益が増えるということに長い目で見れば繋がってくるのだと

気づくのではないでしょうか?

 

ちなみに、コンサル生などによく聞かれることの1つとして

「不良品率はどのくらいまでは許容範囲内ですか?」

という質問を受けます。

 

これは、その商品の利益額によって変わってきますが

やはり5%以上であれば、その店舗からは仕入れない方が

よいと判断するべきかなと思いますね。

 

いわゆる約20個に1個の不良品率が

ギリギリ最低でのボーダーライン

(あ、これは僕個人的な基準ですよ)

 

でも、理想はやはり3%以内には抑えたいです。

 

100個の販売で3個の不良品という形です。

それでも不満は不満ですが、この程度であれば

「検品」に力を入れれば、限りなく1%以下に持っていくことが

可能になります。

 

ちなみにタオバオの中には平気で不良品率が10~20%の店舗も

あったりしますので本当に注意しなければなりません。

 

「返品」された商品は本当にもったいなくて

利益が取れないだけではなくて、

仕入れ値も回収できないこともあります。

 

ヤフオクにて「ジャンク品」販売で、もしかしたら・・・・という

希望は持てますが笑。

 

なので、今日お伝えしかったのは

もし一度購入した店舗で「不良品率」が高ければ

何元か高くても、別の店で買い「不良品率」を下げる方が

長い目で見れば利益は取れる。という話でした。

 

もちろん、この「不良品」は皆さん敏感である

お店の「評価」にも繋がってきますので

 

やはり重要視しなければなりませんね。

 

それでは本日も最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

PS

そういえば先日、自社で販売している商品に

「悪い評価」が入ってしまったのですが

理由が・・・・・

「変な匂いがする!」

というものでした苦笑。(もちろん食べ物は販売してないですよ)

 

「そーきたか!笑」と、中国輸入でまた1つ勉強になりました。

対策は・・・・ファブリーズかなぁ・・・・。笑




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ