無在庫のメリットとリスク2

こんばんわ。吉岡です。

少し更新の時間が空いてしまいました。。

 

実は神戸にプチ旅行に出てまして・・・笑。

ポートタワー

ルミエで買い物

有馬温泉

神戸牛を堪能♫

ロープウェイ

六甲山の山頂から絶景の景色を堪能

大阪に帰ってきてからのゲームバー

という、結構ハードな旅行をしてました。笑

 

でもでも有馬温泉の旅館で食べた神戸牛は

とても美味しくて、感激しました!!

 

ド平日に行っただけあって、人も少なく良かったですし。

大満足のプチ旅行でした。

 

という、旅行日記はこれくらいにして

本題に入っていきましょうか(笑)

 

 

先日、無在庫販売のメリットということで

主に3つの内容をお話してきました。

・資金的なメリット

・販売チャンスが広がるメリット

・マーケティングとして活用できるメリット

 

なので本日は、メリットだけではなく

デメリット・リスク

また注意するポイントなど

をきちんと理解する事が大切ということを

お伝えすることに致します。

 

僕の経験を元に

シェアしていきますので

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

・在庫を定期的にチェックする必要がある

 

一回、無在庫販売で登録してしまうと

その後、ほったらかしというニュアンスで

捉えているのであれば、それは痛い目を見る

可能性があります。

 

僕も何回か経験があるのですが

受注が入った後に仕入れをしようと思っても

仕入れ先に在庫が切れている場合があります。

 

そういった場合に、自社ネットショップ、

いわゆるマネートラップ式で販売しているのであれば

お客様に単純に

「申し訳ありません」の謝罪1つで住むので

まだ良いのですが、仮にAmazonで実践する場合に

アカウント的に、かなり傷ついてしまいます。

何回か続くと当然、アカウント停止の可能性も

充分に考えられるのです。

 

ですので、赤字になったとしても

ヤフオク!、楽天、国内のネットショップ等で

買って、届けてあげるとう選択肢に迫られるのですね。

 

なので、登録した商品の在庫変動は定期的に仕入れ先で

チェックし、在庫が無くなっているのであれば

登録商品も在庫無しに変更しなければならない手間があります。

 

 

・価格変動にも気をつける

無在庫で目をつけたショップの価格が、たまに変動していることが

あります。

 

なので、いざ仕入れを行おうと思うと

「値上がりしていて赤字・・・・・」

ということもあるのです。

 

なので、価格変動も定期的にチェックしないと

なりません。ここも手間ですね。

 

 

・仕入れ国から定期的に仕入れてた方が有利

無在庫販売の商品が仮に欧米の場合に

「無在庫だけ」では最初の内は注文商品が少なく

1キロ当たりの発送代金がとても高く付きます。

 

もちろん、それらをカバーするだけの販売価格を

付けているのであれば問題はないのですが

そういった価格でなければ、送料によってトントン・

最悪赤字の可能性もあります。

 

逆に言うと、定期的に仕入れていれば

送料が安くつく分、無在庫商品の利益も高いという

訳ですね。

 

この国際送料の部分はかなり「重要」なので

必ず意識してください

 

 

・イレギュラーも頭にいれておく

僕が実際に経験したイレギュラーだと・・・

 

・送られてきた商品が違う(サイズや色を含めて)

・税関で引っかかってしまう

・商品が壊れている

くらいですかね・・・・。

 

これが単純に、無在庫販売ではなく

これから納品する商品であれば、ゆっくりと

対処をすれば良いのですが

無在庫販売している以上は自分の設定した日数以内に

届けないといけませんね。

 

なので、これも在庫が無かった時と同様に

何かしらの対策をしなければなりませんね。

 

以上

 

細かく言えば、まだまだあるのですが

おおまかに説明しました。

 

ですので、無在庫販売はデメリットをきちんと

把握して、その手法を使うべきなのですね。

 

ぜひ参考にしてください。

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

PS

無在庫販売は「心臓」が弱い人は

決してしないでください。

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

というキャッチが使えるんじゃないかなって

手法だなって僕は思います笑




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ