輸入ビジネスはなぜこんなにも結果が出やすいのか?

こんばんわ。吉岡です。

 

今日は、とある輸入ビジネス塾の塾長さんと

今後の輸入ビジネスについてお話していました。

 

その開催している塾でも、嘘抜きで

(まぁ、プライベートで話しているんで嘘つく意味がないですが笑)

どんどん結果を出す方が増えてきたと話されてました。

 

僕も、色々と輸入ビジネスの実践者と話したり

見たりしてきたのですが、本当に数十万レベルで稼いでいる方は

ゴロゴロいます。

 

正直、もう珍しくも何とも無いですし

変な話、ゴロゴロいすぎて、そのレベルでは

全然凄くも何ともないなと感じてしまいます。

 

それが今日の本題でもあるのですが

「なぜ輸入ビジネスはこんなにも結果が出やすいのか?」

ってことを、僕なりに分析してみたので

これから始めるような方や、まだ10万未満の結果しか出てないような

方に今後の参考になれば良いなと思いシェアしていこうと思います。

 

まず輸入ビジネスというか物販ビジネスの特徴として

シンプルなビジネスモデルだということは外せない要因だと

思います。

 

これは、以前の記事でも、どっかの誰かも言っていることなので

一度は聞いたことがあるのだと思うのですが

「安く仕入れて高く売る」

たったこれだけのビジネスモデルです。

 

「それでも、予想利益より下回ったり、

赤字等によって結果が出てないんだけど」

というような意見もあるのだと思うのですが

結構、赤字になるパターンというのは

決まっていて、何パターンくらいしかないんですね。

 

本当に多いのは、なぜ赤字になったのか?を

よく分析ぜずに同じ事を繰り返してて

「結果が出ないー!!」

と悩んでいる人は見かけます。

 

仮に予想外だったり、イレギュラーなことがおこったとして

赤字が出たとしても、それは、ほんの一部の商品であって

他の利益が出る商品で充分に補えるのが普通です。

 

 

で、話を戻すと

「シンプルなビジネスモデル」とは

言い換えれば

「誰にでも理解ができるビジネスモデル」だからだと

僕は思うのです。

 

 

この、「誰にでも」っていう所はポイントで

だからこそ多くの方が結果が出せるのだと思います。

 

 

主に、ネット上で

物販ビジネスが儲かる

シンプルなビジネスモデルだから
(データを見て安く仕入れて高く売る)

と解説している人は多いのですが

 

それ以上、具体的に解説している人は見たことはありません。

 

色んな物販のブログ・教材や塾なども僕は見ますが

変な話、言い回しが違うだけで

どこからの国で仕入れて、どこの販路で販売するかって事が

同じであれば、だいたい大差の無い内容がほとんどです。

 

言ってみれば、あんまりオリジナル性が無いと言えるということです。

ですが、それでも、そのノウハウで結果を出すことができるんです。

 

ようは、それほどまでに輸入ビジネスで稼ぐ方法というのは

確率されているような気がします。

 

もちろん、一部の人は本当に最新のノウハウというか

自社のノウハウ、経験から来るノウハウなど

 

本物のノウハウを出しているところはあります。

そういうのは、僕自身が見てもやっぱり勉強になります。

 

また実際に稼ぐことの出来るノウハウが、どこもそんなに

大差がないのに、初心者が独自のノウハウなんて

築こうとしなくても良いのだろうなと思います。

 

むしろ、そんな事をした方が結果が出にくいですし。

 

だから、言い方が悪いかもしれませんが

 

教材の書いてある通りに愚直に進めれば物販なんて

結果が出ない方がおかしいのです。

 

それで、結果が出なければ、それはその教材が悪いです笑。

リサーチだって、最初は考えながらやるかもしれないですが

あとは「作業」ですよ本当。

 

思考停止状態でも、一定の条件で探していれば儲かる商品が

見つかる訳です。

 

ただ、勘違いをして欲しくないのは

それは一定のレベルまでのお話。

 

必ず、一定の金額を稼げるようになってくると

天井が見えてきます。

 

それは、仕入れ金額を増やすとかでは

中々解決できない問題。

 

そこから頭を悩ますのが輸入ビジネスなんだろうなと思います。

そこから、どう工夫をするのかが更に売り上げを伸ばす要因です。

 

でも、最初にも言った通り数十万の利益ベースであれば

本当に結果が出やすいビジネスなので

ぜひ、これから始める方・現在利益が0-10万の方は

だまされたと思って、諦めずに自分のビジネスを

成長させて欲しいと思います。

 

 

今日も最後までお読み頂きありがとうございました。




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ