号外:右田先生の書籍に掲載頂きました

こんにちは!吉岡です。

 

本日は号外という感じなのですが

先日の広州展示会に一緒に行った

右田先生が本を出版されました。

 

→ https://www.amazon.co.jp/dp/4798048542

 

しかも、有難いことに本の一番最後に

僕のブログも掲載して頂きました。

 

で、号外と言ったのには理由がありまして

本の内容が少し僕がこれまで発信してきた

内容と少し軸が違うからです。

 

どういった内容の本なのか?

 

を、シンプルに言えば

「ブログで稼ぐ全ての方法が書かれてある」

という感じです。笑

 

僕は、これまで一貫してブログやメルマガで

「物販で稼ぎましょう」

的な、情報を発信してきました。

 

ですが、これはそれらのノウハウを使って

ブログでお金を稼ぎましょう。

 

的な、ハウツー本です。

 

 

ご存知の通り、僕自身もこうして

ブログやメルマガをやっています。

 

個人的には、情報発信と物販って

相性が良いと思っております。

 

どうしても物販ビジネスというのは

在庫を抱えるモデルが多いので

先出し資金がかかる場合が多いです。

 

なので、ノウハウ・スキルがあったとしても

資金的に天井を迎える人は多々います。

 

 

その際に、こういった情報発信という

無資金でお金が稼げるビジネスをやっていれば

 

そこで得たお金を物販に投資することが

できますよね。

 

僕もそのようにして、自身の資金を

増やしてきたのでそのメリットの大きさは

体感として知っています。

 

あと、これは僕が物販と情報をやってみての

感想なのですが、

 

全然違うビジネスモデルのように見えて

意外とノウハウの本質は一緒だなと

感じるところがあります。

 

結局のところ、

物販は「モノ」をブランディングする。

情報は「ヒト」をブランディングする。

 

本当に、たったこれだけの違いなんですよね。

 

マーケテイング部分の考え方は

ビジネスって共通しているんだなと思いました。

 

 

多分、情報発信をする気がない方でも

書いてある内容を物販に落とし込みながら

読むと、勉強になると思いますよ!

 

 

また、僕は対面したことのあり

信用できる方でないと紹介はしない主義です。

 

その点、著者である右田先生は

何度かお会いしてるので間違いないです。

 

彼は、僕と同じ山口県出身なんですね。

(個人的にはそれだけで信用できます笑)

 

また、先日の中国での広州展示会でも

ご一緒しましたし、

 

その前のセミナーも一緒に開催しております。

 

 

僕とは違って、オフラインビジネスで

動きが活発で勉強になる話も多くあったので

本当に人としては間違いないです。

 

ということで、ぜひ一読してみてください!

 

→ https://www.amazon.co.jp/dp/4798048542

 

 

本日は以上になります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

PS,

忘年会を開催すると言いながら

僕自身が忙しく募集できませんでした。

 

本当に申し訳ないです。。。

 

また、新年会という形でできれば

嬉しいです。




“号外:右田先生の書籍に掲載頂きました” への2件のフィードバック

  1. ナタでココ割る より:

    吉岡さん、はじめましてこんにちは。たまたまブログに辿り着きました。

    欧米輸入から、中国、国内転売などを副業でしてますナタでココ割ると申します。

    いきなり質問なのですが、
    海外の輸入代理店のサポートコンサルをしている人がいましたが、これをやるには個人ではレベル高すぎでしょうか?

    やってる事は王道で、ギフトショー等で売れそうな商材見つけ、クラウドファンディングで
    テストマーケティングして、反応良ければ、契約結ぶ。ロットも交渉で50〜100くらいにできる。みたいな感じですが、今年のギフトショーに興味本位で行こうと考えていたので、現役の人に同行させてもらいたいと思ってたのですが、馬の骨かもわからない私は相手にされないですかね!?
    正直、転売やっても商材に思い入れもないし、なんで輸入やってるんだろうって、ふと、天井見上げてしまうのです。どうせやるならこれだ!って商材1つ見つけてやってやる!それにはライセンスとるか、代理店って、、甘いですかね?

    • 吉岡裕輔 より:

      初めまして!こんにちは。
      僕なりの回答をさせて頂きますね。

      ビジネスモデルの入り口としては全然ありだと思いますよ!

      ただ、その先の展開に記載がなく何とも言えないですが
      おっしゃる通り、クラファンはあくまでテストマーケとしての立ち位置で、重要なのはそこから先、どのようにその商品を売り続けていくかだと思います。

      代理店やらライセンスというパワーワードに惑わされず、それがあってもなくても、しっかりとその後の事業展開を考えていくことが必要ですよね。

      相手にされるかは、企業次第でしょうが、名刺は必ず持っていった方が良いですよ!

吉岡裕輔 にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ