9割のライバルがやらないリサーチ方法

こんにちは!吉岡です。

 

今日の記事は結構長いです。

正直、この内容はコンサル生だけに

シェアしようかと書いた後に悩みました。笑

 

ですが、思い切って公開しますので

ぜひ、最後までお付合いください。

 

では、新規出品のリサーチ方法という

テーマでシェアしていきますね。

 

これは、相乗りだったらやらなくても良いですが

新規出品だったら、ぜひやって欲しい方法です。

 

なぜなら、ライバルの9割は

絶対にやらないリサーチなんですね!

 

一気にライバルを抜き去ることができます。

 

で、そもそもの話で

なぜ9割のライバルが実践していないのか?

ということなのですが、

 

それは9割の人が、

 

新規出品は2段階のリサーチをしなければならない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ということを、

「知らない・気づいてない」からなのです。

 

1段階目のリサーチは逆に9割くらいの人は

やってると思います。

 

多分、1割はやってないですが。笑

 

 

では、1段階目のリサーチって何か?

と言えば

 

「どのくらい売れているか?」

「どのくらいの価格で売れているか?」

「どれだけライバルがいるか?」

「ライバルはどれだけ強いか」という

 

まぁ、一般的な「市場」を調べる

リサーチのことですね。

 

もちろん、これも非常に大切です。

 

ここでミスってしまえば

どれだけ良い商品ページを作っても

売れません。

 

9割のライバルは

ここでリサーチを終了しているんですね。

 

ですが、本来であれば

ここから2段階目のリサーチに突入すべき

なのです。

 

で、じゃあ2段階目のリサーチって何か?

と言えば、

 

売れる商品ページにする為のリサーチ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ということなのですね。

 

 

つまり、

1段階目のリサーチでは

“売れる商品を見つける”

 

2段階目のリサーチで

“売れる訴求ポイントを見つける”

 

ということなのです。

 

僕がAmazonを見ていて、

もったいないなー。

と思うページの一つに

 

「商品は良いのに、訴求点がズレてるな」

 

と、思うことがあります。

 

だから、そういった商品は

自社で出せば簡単にランキングを

抜けてしまいます。

 

そもそも売れる商品を

売れる訴求で出せば更に売れます。

 

なので、僕はしっかりと

この2段階目のリサーチをして欲しいと

思うんですね。

 

さて、じゃあ2段階目のリサーチって

具体的に何をするんだよ。って、感じですよね。笑

 

それを今から伝えますね!

 

“売れる商品ページにする為のリサーチ“

 

もちろん方法は一つではないのですが

僕は”体験”をすることが一番有効だと思ってます。

 

すごく根本的な話ですが、

 

“なぜ売れるのか?”を理解しないことには

売れる商品ページを作るって不可能です。

 

売れているから売れるんでしょ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

という方もいると思います。

まぁ、間違いないです。笑

 

最初にも言いましたが、

単純転売(相乗り)なら

それで充分通用します。

 

でも、新規出品で大きく稼ぐことは無理です。

 

で、ですね?

 

この「なぜ売れるのか?」を

理解するというのは

購入者の心理を理解するということなのですね。

 

つまり、逆の視点で

「なぜ、買うのか?」

を、理解するとも言い換えられますね。

 

 

では、お客様の

「なぜ、買うのか?」

を、どうすれば理解できるのか?

 

それは、やはり

お客様の心理を共感すること。

 

つまり、先ほど言いました

“体験すること”が一番有効なのです。

 

ただ、体験と言っても

「その商品を使うこと」

が全てではありません。

 

“体験”というものには

大きく分けて3つほどあります。

 

3つの体験方法の内、商品によって

使い分けてみてください。

 

・間接体験

~~~~~~~~~~~~

 

まず、3つの体験の中でも

一番取りかかりやすい方法からご紹介します。

 

この、「間接」というのは第3者からの

話を参考にする。ということですね。

 

例えば、

・Amazon内のレビュー

・Amazon以外のプラットフォームのレビュー

・yahoo知恵袋

・リアル店舗の店員さんの話

・まとめサイト(2ch、neverまとめ)

 

等々です。

 

こういった所から、

・実際に使った人の意見

・買おうとしている人の意見

・販売しようとしている人の意見

 

を、参考にすることができます。

 

特に、おすすめは

「リアル店舗の店員さんの話」です。

 

もちろん、ただ話を聞くのではなく、

 

何を「売り」に販売トークをしているか?

という部分を意識しながら聞いてください。

 

その「売り」がそのまんま使える

ケースも多々あります。

 

また、向こうは商品知識満載ですから

細かいこともどんどん聞きましょう。

 

特に、僕がよく聞くのが

「どんな方が買いますか?」

という内容です。

 

これは、商品によって同じ事を聞いても

意図が変わります。

 

例えば、

「男性と女性どちらが買うのか?」

「どのくらいの年齢の方が買うのか?」

「どういった職種の方が買うのか?」

 

などなどです。

 

これによってターゲット層が

イメージしやすくなったりしますよね。

 

また、商品の細かい使い方などを

聞いたりするのも良いでしょう!

 

自分の知らない知識はプロに聞くのが

手取り早いです。

 

ぜひ、実践してみてください!

 

では、次。

 

 

・直接体験

~~~~~~~~~~~~

 

まぁ、これは説明しなくても

分かるかと思います。

 

「実際に、その商品を使ってみましょう」

 

ということですね。

 

ただ、このように伝えると

コンサル生によく聞かれることがあります。

 

「それって、実際に仕入れてみて

家に一回届けて使えってことですか?」

 

いえいえ。

 

先ほども言いましたが、目的はあくまでも

「購入者の心理を理解すること」です。

 

なので、仕入れる商品と

同じ商品を使う必要性は全くありません。

 

日本で売ってる類似商品でも全然大丈夫です。

 

ただ、この方法の欠点は

“お金がかかる”ということですかね。

 

なので、この直接体験する対象の商品は

OEMをする商品で、ロッド数を仕入れる場合などで

ぜひ、実践して頂けたらと思います。

 

では、最後。

 

 

・擬似体験

~~~~~~~~~~

 

これは、僕もよく使う方法です。

 

「人は過去の経験、知識の中でしか

他人を共感することができない」

 

と、僕は思っています。

 

つまり、本当の意味で共感するならば

そのターゲットとしている層の

経験や悩みを体験することは非常に大切なことだと

僕は思います。

 

具体例を出しますね。

 

まず、ターゲットを設定します。

それが今回は「主婦」だったとしましょう。

 

その際に、本当の意味で主婦の心理を

理解するために、

 

主婦が主人公になっているような

ドラマ、小説、アニメ、等々を僕は見ます。

 

一般的に

“ストーリーは擬似体験ができる“

と、言われている通り

 

こういったストーリーを見ながら

その主婦を擬似体験していくのです。

 

これは、個人的に結構面白いなと思うんですが

やはり、主婦の悩みって1個ではないんですね。

 

ですから、そのまま商品派生ができたりします。

 

体験の中では、一番利益に直結しにくい

ものだと思います。

 

が、自分の知らなかった世界を広める意味でも

かなり面白いと思うので

ぜひ、常日頃から意識してもらえたら良いかなと

思います。

 

ぜひ、2段階目のリサーチを怠ることなく

商品ページを作ってみてください。

 

では、まとめです。

 

・間接体験

~~~~~~~~~~~

・直接体験

~~~~~~~~~~~

・擬似体験

~~~~~~~~~~~

 

ぜひ、実践してみてくださいね。

きっと、良い結果が待ってると思いますので!

 

個人的に、

「自分が販売する商品くらいお客様より詳しくあれ」

と思っています。

 

まぁ、当たり前と言えば当たり前ですけどね。笑

 

 

それでは、本日は以上になります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

 

PS

熊本地震被災者の読者の方。

 

この度、熊本地震で被災された方々には

心からお見舞いを申し上げます。

 

僕自身も微力ではございますが

募金をさせて頂きました。

 

今回の地震で2011年3月11日に

起こった東北大震災の当時を思い出しました。

 

この時、僕は人生で初めて募金をしました。

 

ただ、当時は会社員であり

ネットビジネスもやってなかったので

お金に余裕がある訳ではなかったです。

 

つまり、募金も数千円程度。

 

この時は、もっと力になりたいのにと

悔しい思いをした記憶があります。

 

お金を稼ぎ、余裕があるということは

こういった非常時に力になれると思います。

 

もちろん、

募金の金額だけが全てでは無いと思います。

 

が、千円よりも1万円を募金できた方が

復興の際に役立つ度合いが大きいのは

事実だと思います。

 

時の被災者が支援者になることもあり

時の支援者が被災者になることもある。

 

Facebookで与沢さんが言われてましたが

確かにその通りだと思いました。

 

この地震大国日本に住んでる限り

誰もが被災者になる可能性はあります。

 

ですから、今回支援に回る側であるなら

なるべく大きく貢献できるようになりたいものです。

 

まだ余震も続いているようですが

一刻も早く地震がおさまり復興できることを

心よりお祈り申し上げます。

 

 

 




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ